銘柄選び

銘柄選び

配当性向が高すぎるデメリットは2つある

配当性向が高すぎるデメリットは2つあります。1つ目のデメリットは「配当性向を上げる余地がない」ことです。2つ目のデメリットは、配当性向が十割を超えるタコ配は「配当を維持できなくなるリスクがある」点です。
銘柄選び

買ってはいけない高配当株、たった1つの共通点

買ってはいけない高配当株には、共通点があります。それは、減配リスクが高い高配当株です。たとえば、特別配当や記念配当で一時的に配当が増えているだけの高配当株や、業績悪化で減配しそうな高配当株が挙げられます。