銘柄選び

銘柄選び

インフレに強い資産を見分け、対策する方法

インフレに強い資産を見分けるためには、供給が増えにくいものや希少価値の高いものに注目しましょう。純金などの希少価値の高い企業の株式などを持つことで、インフレに備えることができます。
銘柄選び

金投資が「やめとけ」と言われる、たった1つの理由

金投資が「やめとけ」と言われるのは、「収入を生まず、成長投資もないから」だと中原は認識しています。特殊な環境を除けば、金投資より株の方が利回りが高いです。なので、基本的には株を買って放ったらかしが良い気がします〜✨
銘柄選び

投資信託はやめたほうがいいと言われる理由

検索エンジンで「投資信託」と検索すると、追加で「やめたほうがいい」と出ます。「やめたほうがいい」なんて出ると、不安になってしまいますよね。投資信託のことを「やめたほうがいい」という人は、どういう理由で否定するのでしょう。
銘柄選び

リートをおすすめしない理由と弱点

リートは分配金利回りが高いのが魅力ですが、おすすめしない理由と弱点もあります。中原の認識では、リートには「分配金の伸びがイマイチ」という弱点があります。成長性を重視するなら、株式のほうが適した投資先かもしれません。
銘柄選び

高配当ETF、おすすめしない理由と弱点

高配当ETFは人気ですが、おすすめしない理由と弱点もあります。中原の認識では、高配当ETFには「成長性が低い株が含まれやすい」という弱点があります。純粋な指数ETFのほうが成長性がある場合、劣後してしまうリスクがあります。
銘柄選び

PERは高い方がいい?10年分の株価データを調べた結論

何百回とデータを分析しましたが、「PERは高い方がいい」という明らかな傾向はなかったです。一方、ごく一部の特殊な状況に限っては、PERが高い方がいい場合がありました。
銘柄選び

円高で上がる株の特徴と見つけ方

円高で業績が改善する株は、円高になると株価が上がると考えられます。具体的には、外貨建てのコスト比率が高く、円建てでの売上比率が高い株は、円高でコストが圧縮されて株価が上がると期待できます。
資産配分

自社の株を買うメリット・デメリット

自社(勤め先)の株を買う場合、情報面で優位に立ちやすかったり、安く株を買えるメリットがあります。一方、売るタイミングが制限されたり、リスクが1箇所に集中するというデメリットもあります。
銘柄選び

配当性向が高すぎるデメリットは2つある

配当性向が高すぎるデメリットは2つあります。1つ目のデメリットは「配当性向を上げる余地がない」ことです。2つ目のデメリットは、配当性向が十割を超えるタコ配は「配当を維持できなくなるリスクがある」点です。
銘柄選び

買ってはいけない高配当株、たった1つの共通点

買ってはいけない高配当株には、共通点があります。それは、減配リスクが高い高配当株です。たとえば、特別配当や記念配当で一時的に配当が増えているだけの高配当株や、業績悪化で減配しそうな高配当株が挙げられます。