割安株(バリュー株)

NISAで買う株を探していたら、ふと目に飛び込んできました。逆張りで買うには良いタイミングに見えたので共有します。

ファンダメンタル分析

株マップという株情報サイトのおすすめポイントは、なんといっても「マップ機能」です。

シミュレーション

my株(マイ株)という株情報サイトのおすすめポイントは、なんといっても最近できた「バックテスト機能」です。

損切り

乱暴にまとめると、「株で損切りできないヒトは感情的になっていて現実を見れていないのでは?」ということですね。

成長株(グロース株)

マザーズでの有望注目株のおすすめの買い方をざっくりまとめると「注目されてない上昇トレンドの小型株に目を向けること」という感じですね。

成長株(グロース株)

この記事を執筆している2020年12月28日時点、2000年以降に上場した情報・通信業のマザーズ銘柄は132銘柄ありました。仮に、「この中から、2021年に5倍になる株が5銘柄現れる!」と考えると、けっこう割の良い宝くじな気がします。 ...

おすすめ

意外かもしれませんが、2021年、これから上がる株は減益で高PERの株かもしれません。

自己資本比率

自己資本比率が高い会社のほうが「財務が健全で倒産しにくくて安全だぞ!」と言われています。とはいえ、実際に「自己資本比率が高い株を買ったら、どんだけ株価が上がったの?」ってデータを調べてくれているヒトが少ない気がします。

決算発表,成長株(グロース株)

成長株を買うときは、「なんとなく増収してる会社の株を買えば儲かりそう」な気がします。ですが、「本当に増収してる株を買えば儲かったのか?」を、実際にデータ取って調べてくれてるヒトがすくない気がします。

売り方・売り時

「株がいくら儲かったら売るべきなのか」を、詳しく書いている本はあまり見かけません。