おすすめ

情報通信業は、王道の投資テクニックが使いやすいセクターみたいですね。

高配当株

高配当株は「収入が増えて嬉しい!」のが利点。ただ、万年割安株を買うとビミョーです。なるべく「株価が上がりそうだし、配当ももらえる」という、一挙両得を目指せる株を狙いたいところです。

株主優待

去年から「物流の会社って、けっこう手堅いんじゃないか?」と思って注目しています。

株主優待

僕もホールドしてたことがあって、株主優待も受け取ったことがあります。妻が大喜びしてくれたのを、いまでも覚えています。

株主優待

「そういや、最近ドラッグストアが増えた気がする」と感じるのは僕だけじゃないはず。

一般NISA

同社を買う際の一番の課題は「同社の競争優位」を見極める点だと思います。NISAでおすすめ銘柄なのは違いありませんが、これから上がる株か見極めるのは投資する本人であるべきです。

優良株

「めっちゃ安い!」という感じではないですが、同社の優れたビジネスモデルを見る限り「リーズナブル」だと感じます。

割安株(バリュー株)

NISAで買う株を探していたら、ふと目に飛び込んできました。逆張りで買うには良いタイミングに見えたので共有します。

ファンダメンタル分析

株マップという株情報サイトのおすすめポイントは、なんといっても「マップ機能」です。

シミュレーション

my株(マイ株)という株情報サイトのおすすめポイントは、なんといっても最近できた「バックテスト機能」です。