スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:急落注意。VIXが上がったら強烈な売り信号(11/9版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では11/9以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

先週末にも書いたとおり、10月初めの「危機っぽさ」がまた出てきました。

足元では円高も進んでいます。ふたたびVIXが26を超えてきたら、かなり強い売り信号が点灯します。

アメリカでは、ジャンク債がまた下がってきました。今夜、米国株が崩れてきたら、日本株も道連れになる可能性が高そうです。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、「どうトレードすると儲かりそうか?」を考えていきます。

セクターごとの見通し

はっきりしない地合いが続きます:

足元で、円高が進んでいます。円高が進むと円安メリット株は上値が重くなります。

いままでは「円安だから米国株が下がっても日本株は売られない」という地合いでした。

目安としては、米国株の恐怖指数(VIX)が26を超えたら危険信号です。今年一番のペースで崩れるかもなので要注意です。

あと、いまは「資源高」と「グロース株高」が同時に来ていることに違和感を覚えています。

資源高は利上げ材料。グロース株には逆風です。しかし、グロース株が上がっている。どちらかがダマシである可能性が高いです。

どっちがダマシかは分かりませんので、地合いに合わせつつ、トレードするのが良い気がします。

ジャンク債がまた下がってきたので、グロース株の底打ちはもう少し先な気がします。

10月以降、SBGがすごい勢いで上がってきましたので、これから反動売りが膨らむ恐れがあります。追いかけるのはやめたほうが良いかと。

いま買うとしたら、資源高を追い風に資源株。もしくは下落中の割安ディフェンシブ株を逆張りでコツコツ稼ぐ感じだと思います。

我が家の資産配分

資源株をちょっとだけ保有中:

いつも書いているとおり「景気が悪い。特に米国。だから米国株が下がって、日本株は道連れにされそう」というスタンスです。

思っていた以上に、米国株が底堅いです。今週、米国株のプットを買ったのですが、大負けしてしまいました(悲)

さいきん、あまりに順張りで負けが続くので、逆張りの研究を再開しました。

ガス株とか、電力株とか、食品株とか、とにかく業績が崩れにくい株を逆張りでうまく買う方法を考えています。

順張りが負けるときは逆張りで損をカバーして、逆張りが負けるときは順張りで損をカバーして、互いに補い合えるのが理想ですよね。

– 中原良太