スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:買い。今年一番の反発が来る?(11/1版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では11/1以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

半月ほど前に「これから7月みたいな相場が来そうだ!」と予想していた僕ですが、だいたい予想どおりに動いています。

きょうは日本製鉄の決算が発表されました。「いい感じ」に見えます。

いつも言っていますが、鉄鋼は「産業のコメ」とも呼ばれてます。ものづくりの国ニッポンにとって、鉄鋼業は重要です。

鉄鋼株が上がると製造業を中心に上がりやすいです。これから一段高に期待したいところです。

10月以降、日本株は米国株と比べて出遅れてきました。出遅れてきたぶん、まだ上昇の余地が広いかもしれません。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、「どうトレードすると儲かりそうか?」を考えていきます。

セクターごとの見通し

海外のことを無視して良いなら「買い」です:

あと、こないだツイッターで「S&P500は4100〜4300くらいまで戻るかもしれない」とツイートしました。

パウエルが相場を壊さないかぎり、目先はVIXが20になるくらいまで上がっていくと思います。

日本株の決算も悪くないです。日本製鉄の決算が良かったので、これから製造業が強くなってきそうです。

あと、きのう天然ガスが急騰しました。アメリカでやたらとエネルギー株が強かったのは、天然ガス需要の現れだったみたいですね。

資源もまた強くなってきたので、インフレ対策も兼ねて資源株を買い戻すのもアリだと思います。

今月に入って連続で負けてますが、地合いも悪くないですし、対策しないのもそれはそれで危ないですからね。

我が家の資産配分

そろそろ株を買おうかなー:

いつも書いているとおり「景気が悪い。特に米国。だから米国株が下がって、日本株は道連れにされそう」というスタンスです。

とはいえ、足元では「利上げ減速」の話が出ていたり、米国株が上がっていたり、地合いは悪くありません。

大儲けできるとは思いませんが、短期決戦で、好決算な銘柄など、追い風が吹いている銘柄を買ってみるのもアリな気がします。

ただ、目先はFOMCがあったり、不確定要素もあるので、ポジションサイズは小さくしておくのが無難な気がしますー。

– 中原良太