スポンサーリンク

英中銀が国債買い入れ株価反発、しばらく続く?

どうも、中原良太です。

9/29、日本株は反発しましたが、いつまで続くかな?:

久々に資産が増えてホクホク。

僕の誕生日は10月なんですけど、相場の神様がちょっと早めの誕生日プレゼントをくれたのかな?(旅行でも行こうかな…?)

昨日、一昨日は「9月中は下げ渋ると思う!」「本格的に崩れるのは10月からじゃないか?」と書きました。

経験的には、来週月曜日あたりまでは強そうです。が、いつまで持ちこたえるか、いつ崩れるかは分かりません。次の下げは大きいと思うので、「崩れたらすぐ逃げる」もしくは「崩れたらすぐ便乗する」と良い気がしています。

またSOXが2〜3%くらい崩れたら「もうリバウンドは終わった」と見切っちゃうのが良い気がします。

【これまでの資産変動】
9/22終値→9/29終値:+367万円(一部、反映遅れあり)
2022年:+1830万円
2021年:+340万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

英中銀が国債買い入れ

きのう、英中銀が国債を緊急買い入れしました。これで相場がリバったみたいですが、それにしても内容がきな臭い。

というのも、買い入れの目的が「年金基金の破綻を防ぐため」らしいんですな。

これを読んで僕は「え、大丈夫なん?つまり金融危機と紙一重だったってこと?わりとヤバいのでは?」と思いました。詳しい話はサッパリ分かりませんが、実際のところどうだったんでしょうね。

ここ数日、やけにポンドが売られてるなーと思っていましたが、これを警戒していたのかな。

相場がどう動くにせよ、危ない綱渡りだなーと思います。こんな状況で「下がったから買い増し〜!」というのは、やっぱり無いよなぁ…。

– 中原良太