スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:売り。10月から下げ加速か(9/27版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では9/27以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

火曜日。日本株は反発。きのう大きく下がったぶん、反動で戻ったのだと思います。

ここ数日、ゴリゴリと下がってきました。まだ下がると思いますが、月末で給料日もあるので、2〜3日は下げ渋る気がします。

本格的に下がるのは、10月からじゃないでしょうか。

まず、給料日が明けて買い支えが入らなくなって下がる。米国で決算シーズンがはじまるので、様子見で売られる。そして、内容も悪そうなので決算明けも下がる。

日本企業は、為替差益が出るところは下げ渋りそうです。とはいえ、全体としては「米国株が下がり、日本株も道連れにされる」という未来が濃厚な気がします。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、「どうトレードすると儲かりそうか?」を考えていきます。

セクターごとの見通し

まだ弱気です:

前回の予想記事は、「ロシアの部分動員」と「日銀の為替介入」について書きました。まずはこの部分のおさらいから。

先週時点では、「ロシアの部分動員」はインフレ要因と思いました。が、それ以上に景気が悪いので、資源価格は下がっています。

「また資源価格が上がる」ほどの材料じゃないみたいですね。資源株は、引き続き、弱気目線で良いと思います。

また「日銀の為替介入」は売り材料と思いましたが、この見方は先週と同じです。

日本株が下がっていないのは「円安のおかげ」ですが、このハシゴが外されたので、これからは外国株が下がると道連れにされる可能性が高いと思います。

あと、9月ももうすぐ終わりです。

月末は給料日があります。この時期に「投資信託を積立投資で買う」という方も多いですから、割と相場が下げ渋りやすいです。

今週いっぱいは、そんなに崩れない気がします。

下げが加速するのは10月以降だと思います。10月に入ると、まずは米国株の決算シーズンがあります。

決算前に「様子見の売り」が入ったり、内容が悪ければ「決算を踏まえた売り」が入ったりしそうです。米景気はみるみる減速してますから、決算シーズンで下げが加速する気がします。

日本株への影響はどうかいうと、「たぶん道連れにされる」と思います。が、わりと「ドル円のレートしだい」という気もします。

米決算が悪くて米金利が下がるようなら、「米国株安→円高→日本株はダブルパンチを食らって急激安」みたいな展開もありそうです。

足元では円安メリット株が人気ですが、いまから買うのは天井づかみになる可能性が高いんじゃないかなぁ。いまはむしろ利益確定して、売り場を待つタイミングだと思います。

我が家の資産配分

素材株と資源株をショート中:

1カ月ぶりに資産最高額を更新しました。やったぜ。

いつも書いてますが、基本的には「景気が悪い。特に米国。だから米国株が下がって、日本株は道連れにされそう」というスタンスです。

さいきん、株価が下がるたびにツイッターで「買い増し」というワードがトレンドに入ります。正直、これはナンセンスだと思う。

積立投資家の間では「超長期で見れば、株は右肩上がりだ。だから、何も考えずに買っていれば良い」と考え方が広がっています。

「超長期で見れば、株は右肩上がりだ」というのは、まあ確かに事実なんですけどね。

この理屈にはツッコミどころがいくつかあってですね。

第一に、その「超長期」ってのは、50年とか100年単位の話であって。日本株もバブル崩壊から30年、高値更新してないんですよね。(ドル建てではたしか更新してたと思うけど)

僕は、いまの米国株は史上最大規模なバブル(崩壊中)だと思うのだけど、わざわざ高いモン買うことまで正当化できません。

第二に、「右肩上がり(だからこれからも上がる)」と盲目的に信じていること。

特に米国株はそうなんですけど、さいきんずっと右肩上がりですよね。でもこれって、世界全体でいえばわりとレアなんですよ。

日本みたいに、長い間、高値を更新しない国もあるし。わりと、スタンダードだったりします。米国株のほうがレアケース。

株は上がれば上がるほどリスクが増えますから、「下がってない」ってことは「リスクが増え続けてる」ってことでもあります。

経済成長のペースと株価上昇のペースがだいたい同じなら良いんですけど、すくなくともここ最近は「経済成長<株価上昇」だったんで、

「右肩上がりだから上がる」じゃなくて「右肩上がりだとかえって危ないのかも?」って、いちどでもいいから考えとかないと。

盲目的な投資判断は「私は人生で一度も交通事故にあったことがない。だから、目隠し・耳栓して車道に飛び出しても大丈夫」みたいなことを言っているのと同じです。

こんな人がいたら「なに言ってんの?死ぬでしょ」って思いますよね。

でも、投資の話になると、これに似た考え方する人が多いんですよねー。

– 中原良太