スポンサーリンク

日銀が為替介入。日本株への影響は?

どうも、中原良太です。

イベント盛りだくさんです:

ロシア部分動員/0.75%利上げ/為替介入、今週はイベントが盛りだくさんです。

ロシアでは部分動員が発表されました。

ロシアでは、国民がロシアから脱出しようと航空チケットを買い漁っているらしいです。

ロシア国民だって、戦争なんて望んじゃいないってことですね。

FRBは0.75%の利上げに踏み切りました。

年末に金利を4.4%にまで引き上げるそうです。従来よりさらにタカ派に。グロース株はキツイ。

そして、ついさっき日銀が為替介入しました。

145円まで円安になっていましたが、一時140円台まで円高に戻りました。なんというか、歴史に残りそうなイベントが目白押しですね。

こういう珍しいイベントがあるときは経験則も通用しにくそう。

根拠のあやふやなトレードはなるべく避けて、ここぞというときだけポジションを取るようにしよ…。

【これまでの資産変動】
9/15終値→9/22終値:▲8万円(一部、反映遅れあり)
2022年:+1463万円
2021年:+340万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

日銀が為替介入。日本株への影響は?

さっき、日銀が為替介入しました。

前回の為替介入があったのは1998年6月17日でした。

このときは為替介入をして2カ月後にロシアがデフォルトして、一気に円高に戻りました。

調べながら「あれ、今回も似たようなことになりそうだな」と思いました。

前から書いていますが、すでに世界の景気は減速しており、これは円高につながるファンダメンタル要因です。

為替介入をしなくても、いずれは円高に戻ったと思います。それでも日銀が動いたのは、さすがに為替が投機的すぎて目に余ったからかと。

為替介入は日本株にとってはネガティブでしょうね。特に円安メリット株。140円を割れて戻ってこなければ、ガラガラ崩れそう。

それにしても、わりと激しい為替が動いたので、追証に引っかかった人もいたんじゃないでしょうか。ポジションサイズを間違えてたら、死人が出そうな動きでしたね。

一寸先は闇。ほんと、相場って何が起きるか分かりません。

リスクを取りすぎると一瞬で死にかねません。明日は我が身と思って、気をつけます…。

– 中原良太