スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:続落。円安・決算明けで下げ渋りか(8/23版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では8/23以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

また米国株が下がってきました。

いつも書いているとおり、僕はとにかく弱気。いままでの反発も「たぶんダマシだろうなー」と眺めてきました。

ただ、いまから「売りで攻める」というのも、すこしやりにくい。というのも、決算明けの今の時期って、そんなに相場が崩れないんですよ。

結局、「現金多めで様子見」することしかできないという。ひたすら日経新聞や会社四季報を読み込んで勉強。トレードはしてません。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、これからどうトレードすると儲かりそうか考えていきます。

セクターごとの見通し

グロース株が崩れそう。だけど時期がビミョー:

ブラード総裁が「9月も0.75%利上げ!」と発言してから、債券市場が荒れています。

債券市場が荒れてるときって、だいたい景気が悪い兆候なんですよね。こんな相場で株価が上がっても「ダマシだろう」と感じます。

ただ、「じゃあ今すぐ崩れるか?」と言われると、そうとも言えなくて。これが難しいところで…。

金利が上がってグロース株が下がりそうですが、いまは割と「グロース株が崩れにくい」時期なんですよね。

というのも、つい先週に決算シーズンが終わったばかりでして。決算シーズン明けは、割と株式市場が元気なんで、なかなか崩れません。

だから、「いつか下がるとは思うけど、今すぐじゃないかもなー」「ここ1〜2カ月くらいは、割としぶといんじゃないかなー」と思っています。

我が家の資産配分

ひたすら現金多めで様子見しています:

さいきん、全然トレードしてません。

個人的な傾向として「久しぶりにトレードすると、やる気が出すぎて、大きなポジションを取りすぎて爆死しやすい」んですよね。

「やった!久しぶりのチャンスだ!勝負だ!」

と意気込んでしまって、ポジションサイズがデカくなっちゃうんですよ。普段はチキンなクセに、こういうところが脇が甘いというか…。

最近も、7月はグロース株を空売りして爆死しましたし。

とはいえ、僕がトレードするのは石橋を叩きまくって「ここぞ!」というときだけなんで、大きくトレードしても、そんなに負けないんですけどね。仮に裏目に出ても、損切りもかなり早いし。

次にシグナルが点灯したときも、また同じ失敗をしそうで怖いです。ずっと息を潜めてチャンスを待っているからこそ、チャンス来たときに行動し過ぎちゃうんですよね。

「待ってました!!!」

みたいな。

ま、せっかくノートレで、精神的にも楽な日が続いているので、いまは家族でまったり過ごしたり、じっくり勉強したり、休暇と研究を満喫します😁

– 中原良太