スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:様子見。ついにCPI発表

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では8/10以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

今夜、ついに米CPIが発表されます。

インフレがひどいようなら、ふたたび米国株が崩れる恐れがあります。逆に、かなり落ち着いていたら、グロース株が元気になるかも。

個人的には、「いまの相場は楽観的過ぎるかも」と思っているので、よっぽど好サプライズが出ない限りは、弱気目線で眺めています。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、これからどうトレードすると儲かりそうか考えていきます。

セクターごとの見通し

今夜のCPIしだいですね:

今夜は米CPIの公表も控えています。

シナリオ別に起きそうなことをまとめておきます。

シナリオ1:インフレ悪化

インフレが潰せてない…ということで、思い切った金融引締が必要になりそうです。

利上げ圧力が強まると、グロース株が売られたり、ドル負債が多い株は売りが膨らみそう。逆に、金融株には追い風になるでしょう。

さいきんはSOXとNASDAQがほぼ連動しているので、インフレがひどいならどちらとも下がりそうです。

あと、利上げ圧力が強まると、ドルが買われ、円安ドル高になりそう。円安デメリットのニトリみたいな会社には逆風になるかも。

全体として「グロース株に逆風」となりそう。それ以外は、地合い次第で様子見かなぁ。

シナリオ2:インフレ改善

インフレが落ち着いてきたなら、金融引締リスクがおさまりそう。

この場合は、まず米金利が下がってグロース株が強くなってきそう。SOXとかNASDAQとかは、上がる気がします。

一方、利上げ圧力が弱まるぶん、ドルが売られ、円高ドル安になりそう。ただ、株高になり、円高でも日本株は上がる気がします。

全体として「グロース株が爆買い」されそう。それ以外も、だいたい買いが集まりそうですね。

さいきんの相場はカネ余りも目立つので、「金融引締ゆるそう!」「資源爆買いじゃ〜!」みたいな感じで、資源価格も上がって本末転倒な動きにもつながるかもですね。

どちらに転ぶかは内容しだいで、僕には分かりません。なので、「出た結果にうまく合わせる」ことを目指しています〜。

我が家の資産配分

ひたすら現金多めで様子見しています:

さいきん、ずっと現金で待機しています。

だいたいCPIしだいなので、結果が出るまでは様子見です。

何もしてないのも勿体ないので、日経新聞のバックナンバーやら、会社四季報の読み込みやらで、勉強ばかりしています。

CPIはどう転ぶかな?

どう転んだとしても「うまく合わせる」のが投資家の仕事です。うまく立ち回りたいですねー。

– 中原良太