スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:FOMCに注意(7/25版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/25以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

※訂正:7/25は日曜日ではなく、月曜日です…。

月曜日。今日もノートレ。米国債と日本円だけ持って、まったりしています。相場が崩れるまでは、しばらく様子見です。

ビットコインが崩れてきましたが、まだ小反落という印象。リスクオフっぽさは感じません。まだ様子見します。

7/26からはFOMCです。内容次第では、また相場の雰囲気が変わってくるかもしれませんね。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、これからどうトレードすると儲かりそうか考えていきます。

セクターごとの見通し

日本株は月曜日に反落しました:

※訂正:ドル円は137円台ではなく、136円台でしたすみません…。

先週末に、米国株が下がり、円高が進みました。この動きを受け、日本株も連れ安しました。

週末時点でめっちゃ円高だったので「お、これは空売りのチャンスか?」と思いました。

ただ、いかんせんいままでの地合いが良かったので、小反落くらいあっても自然です。本格的に崩れるかどうか、様子見しています。

いま気になっているのが、純金の動き。さいきん、下がっているんですよね。純金が下がっているときって、リスクオンの象徴だったりします。

米金利が下がって、純金が上がり始めると、それから相場が崩れることが多いです。まだ崩れ始めた感じはしません。

あいかわらず景気が悪いので、ここ最近のリバウンドは、たぶんダマシだと思っています。

とはいえ、すぐ崩れる感じもしませんので、しばらく現金多めで様子見。

先週に引き続き、

◯円高になったら製造業を売る(米景気後退で金利低下etc)
◯金利高になったら成長株を売る(超絶タカ派引き締めetc)
◯資源安になったら資源株を売る(原油暴落etc)

といった作戦で望むつもりです。

FOMCで1%の利上げ(サプライズ)があった場合、資源が急に崩れるかもしれません。そのときは、売りを仕掛けるチャンスかもですね。

我が家の資産配分

現金多めで様子見しています:

これまでのリバウンドが大きかったので、崩れるときは大きく崩れる気がしています。いつでも売りでエントリーする準備ができてます。

特に、ここ半月めっちゃ上がってきた大型株は、下落余地が広い気がします。円安で持ちこたえていますが、ここが崩れたら、一気に崩れる気がするので、警戒中です…。

– 中原良太