スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:ダマシ?(7/20版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/20以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

水曜日。今日は大負けしています。「なんでも高」に巻き込まれております…。

しつこく「たぶんダマシだろう」と思っています。たぶん、また安値を切り下げにいくかと。

…ということで、今回も↑のツイートを踏まえて、これからどうトレードすると儲かりそうか考えていきます。

セクターごとの見通し

日本株が全面高になりました:

FOMCを控えて、ヘッジファンドのショートカバーが続いているようです。

ただ、これは「投機売りの買い戻し」でしかなく、「景気が良いから株を買う」というのとは全然違う内容だと思います。

いま入っている買いは、憶測も含みますが:

◯ヘッジファンドのショートカバー
◯CTA(順張り投資家)の追随

の2つな気がします。ただ、「実態経済を見ての買い(実需)」というより「投機目的の買い(仮需)」が中心な気がするんですよね。

こういう買いは長続きしないんで、たぶん今回もダマシな気がします。上がった分だけ、下落余地も増えています。

また安値更新するんじゃないかなぁ…。

いかんせん地合いが強いので、いますぐ売りエントリーするのは微妙。「また崩れた」ところを狙って入ると勝ちやすい気が居ます。

目安は:

◯製造業:ドル円が崩れたら売り
◯グロース:ナスダックが崩れたら売り
◯素材エネ:原油や銅が崩れたら売り
◯金融業:米金利が崩れたら売り

あたりが目安になりそう。

いまは各国中銀がインフレ退治に躍起なので、「素材エネの売り」が国策に従えていて、素直な気がしますー。

我が家の資産配分

資源株の売りでボロ負け中です:

売りポジでボロ負けしています。「欲張りすぎたかも」とは思いますが、何度考えてみても、内容はそんなに悪くなかった気がする…。

大勝ちを狙うなら原油株の売りあたりがイケそうな気がします。ちゃんと損切りできるのが前提ですが…。

– 中原良太