スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:売り(7/4版)

2022年7月4日

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/4以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

月曜日、日本株は反発しました。先週末に米国株がリバウンドしたので、連れ高した形でしょうか。

今週後半にはFOMCの議事録や、米雇用統計が発表されます。相場が荒れそうなので、自信の無い人はポジションを軽くすると良さそう。

…ということで、以降では、↑のツイートをもとにこれからの日本株の見通しを考えていきます。

セクターごとの見通し

これから、日本株はガラガラと崩れると思います:

【7/5訂正】グロース株が崩れやすいのは、水曜日ではなく木曜日でした。勘違いしてました。すみません…。

夏枯れ相場に入りました。例年、この時期はグロース株が崩れやすいので注意です。

ただ、今週末には米雇用統計も控えています。

失業率が想定より高かった場合、「利上げできないかも?→株が上がる」という展開にもなりそうです。この点、グロース株は読みにくい。

資源相場と連動する資源株のほうが素直に動くと思います。グロース株よりやりやすそう。

結構相場が荒れそうなので、自信がない人はポジションサイズを軽くしておくと良いかも。

イベントをまたいでポジションを持つ場合は、サプライズがあった場合にどう対処するか、いまのうちに決めておくと良いかも。

たとえば僕の場合、「めっちゃ相場が上がるようなら、売りポジを即損切り・撤退しよう」と決めています。

足元では電力株が盛り上がっていますが、なんだか高値づかみをしそうな雰囲気。もともと逆張り向きのセクターというイメージがあるので、追いかけて買うのは怖いなぁ…。

我が家の資産配分

さっそく、売りポジを取りました:

正直、今回の売りポジ(グロース株)はかなりビビっています。

グロース株は夏にめっちゃ下がる傾向があります。ですが、なんだか米金利が天井打った臭いんですよね。

米金利が下がればグロース株は上がると思うんで、正直、自信がありません(それでもけっこう売りましたが)。

まだフルポジではないので、資源が崩れたら資源株の売るつもり。こっちの方が自信あります。ゴリゴリ下がる気がする。

雇用統計の内容しだいでは、ヤケドする気がします。今一度、ポジションサイズ間違えてないか、点検しておこう…。

– 中原良太