スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:続落(6/20版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では6/20以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

日本株は月曜日も下がりました。そろそろ1〜2日くらい反発しそうです。売りポジは利食いどき。買いポジは仕込みどきかも。

今週はイベントも少ないので、行ったり来たりの地合いになりそう。ディフェンシブな電力株の逆張りとかが勝ちやすい気がします。

…ということで、以降では、↑のツイートをもとにこれからの日本株の見通しを考えていきます。

セクターごとの見通し

先週に引き続き、素材エネで一番弱気です:

ここのところ、資源株は下げが早すぎる気がします。そろそろリバると思うので、売りでエントリーするならその後が良さそう。

また、グロース株は「夏のボーナス」という強力な買い手がいます。米国株が崩れても、けっこうしぶとく持ちこたえる気がします。売りでエントリーするなら7月以降が良い気がします。

製造業と金融株は「たぶんそんなに崩れないけど、読みにくいから手を出さないのが無難だろう」と思っています。

それよりは、ディフェンシブな銘柄の逆張りとかが勝ちやすそう。個人的には、原油安が追い風になる電力株の逆張りとかがうまくいく気がしています。

我が家の資産配分

6/20も売りポジ多めでした:

そろそろ下げも一服しそう。

今週はイベントも少ないので、読みにくい地合いになりそう。源品比率を高めるかも。

「ディフェンシブ株の逆張り買い」か、「戻りを待ってから売り」か、このあたりが上手くいく気がするなー😣

– 中原良太