スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:CPIで日本株どうなる?(6/10版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では6/10以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

ガッツリやられた売りポジションをリセットして、今日から仕切り直し。小さなトレードで調子を取り戻していきます。今日は+5万円。

6月いっぱいは「調子を戻す」ことに力を入れて、7月あたりまでに本調子になれば良いなぁー。

…ということで、以降では、↑のツイートをもとにこれからの日本株の見通しを考えていきます。

セクターごとの見通し

セクターごとの見通しはまちまちです:

CPIの発表を控え、どのセクターも荒れそうです。

インフレが予想を上回る場合、製造業、グロース株がガッツリ下がりそう。

インフレが予想を下回る場合、製造業、グロース株がガッツリ上がりそう。金利が下がらなければ金融株も適温相場に。

唯一関係ないのが資源株だと思います。資源価格を見ながら素直にトレードするだけで良いので、いまの地合いには良い気がします。

我が家の資産配分

6/10は現金多めでした:

きのうまでのトレードは「方向は良かったけど時期が悪かった」みたいです。ボーナス月にやることじゃなかったなぁ…。

ひとまず売りポジを買い戻し、弱くなりそうな資源株をちょびっとだけ売り。

ゆっくり調子を戻していきます…。

– 中原良太