スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:買い(5/31版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では5/31以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日のポイントは以下のとおりです:

ビットコ急騰を受け、売りポジの大部分を損切り。資源高騰を受け、資源株を新規買い。一気に強気ポジに変わりました。

ただ、原油など資源はピークが近そうにも見えます。反落しそうで怖い…。今日のトレードの成績もマイナス。さいきん勝てない…。

…ということで、以降では、↑のツイートをもとにこれからの日本株の見通しを考えていきます。

セクターごとの見通し

セクターごとの見通しはまちまちです:

きのうは「グロース株が一番上がりそう!」「次が資源株!」「その次が金融株!」と話しました。

後にも、よくよく考えてみると、グロース株って資源高が逆風なんですよね。利上げ圧力につながりかねないので。

なので、予想を以下のように修正します:

「資源株が一番上がりそう!」「次がグロース株」「その次が金融株!」

ただ、資源株は資源株で、原油価格のピークが近そうにも見えます。どのセクターも「超強気!」とはなりにくい。

つまり何かしらの懸念材料があります。1つのセクターに集中投資するより、いくつかのセクターに分散投資したほうが無難な気がします。

我が家の資産配分

売りポジを減らし、買いポジを増やしました:

昨日も書いたとおり、売りポジをがっつり解消し、買い転換しました。ま、勝ててませんけどね(自虐)

米国債や日本円を除くと、「資源株買い>グロース株買い>製造株売り」の順にポジションが多いです。自信の度合いに比例して、ポジションのサイズも調節してあります。

今日は商社株をドカ買いしました。でも、さいきん商社株ってやたら「寄り天」になってるんですよね。なんでだろう。気味が悪い…。

– 中原良太