スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:売り継続(5/9版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では5/9以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

GW明けの買い戻した入ったからか、大型株は強めでした。グロース株は弱気でマイナス。

連休中のFOMCは、相変わらずのタカ派でした。株を買うような材料じゃないです。グロース株は引き続き弱気です。

大型株は「円安のおかげで首の皮一枚つながっている」感じです。

円安じゃなかったらたぶん暴落してます。日経平均株価は25000円を余裕で割っていると思います。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、これから勝てそうなトレードについてまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
大型株も新興株も弱気

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「大型株も新興株も、GW明けから下がりそう!」という点です:

手持ちの売買ルールから、まだ売り信号が大量に点灯してます。5/2の予想でも書きましたが、引き続き弱気です。

いままで強かった大型株は円安のおかげで助かるかもですが、それにしても弱気です。いまは買いたくない。特に製造業。

ほか、いま市場で起きていることをまとめるとこんな感じ:

【いま市場で起きていること】
◯半導体指数が弱い:関連株売り
◯鉄鋼株が膠着:関連株は様子見
◯金利が上昇:グロース株売り
◯原油高:原油株買い。5/9が怖い
◯銅安:関連株売り。上海ロックダウンが原因か

何度か書いていますが、僕は「上海ロックダウン」が相場を崩すかもと警戒してます。銅が弱いのが気がかりです。

それと、銅が下がっているのに原油がやたらと強いのも不気味です。

5/9はロシアで戦勝パレードがあります。サイコパスのプーチンが何かしそうで嫌だ…。

日経平均チャート見通しと予想②
決算シーズンは特にグロース株で弱気

引き続き「売り」が稼ぎやすそうです:

いまの時期、グロース株は下がりやすいので基本は弱気です。

大型株は為替しだい。さらに円安が進んだら、けっこうしぶとく耐えるかもです。

ですが、「円安に助けられているだけ」感がすごいので、為替が崩れたら一瞬で崩れます。いまはまだ平気ですが、「やや弱気」くらいのスタンスが有利な時期だと思っています。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【5/9版】
大型株と新興株、ともに引き続き弱気
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●マザーズ↓(<5MA)
決算シーズンは特にグロース株で弱気
グロース株は「決算前に下がる」傾向が強力

GWのトレードは散々でした。試験的に純金ETFのプットオプションを買い増したが失敗。売りポジも反発。全然ダメでした。

連休前後のトレードは統計値の信頼度が薄れてやりにくい…。こんどから無理せず長期銘柄以外はノーポジにしようかな…。考えとこ…。

今日のアゲはダマシだと思うんだけど…。

– 中原良太