スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:週明けから反発か(4/25版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では4/25以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

今週は「グロース株サゲサゲ」の1週間でした。来週からは少し風向きが変わる気がしています。大きめの反発が来るかも。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、週明け以降の日本株の見通しと、勝てそうなトレードについて考えます。

日経平均チャート見通しと予想①
大型株は中立、グロース株は弱気

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「大型株は底が固そう、グロース株は上値が重そう!」という点です:

大まかな予想は今まで通り。アメリカの金利が高いので、

「円安で大型株が底堅そうだ」
「金利高でグロース株の上値が重そうだ」

と考えています。

ほか、いま市場で起きていることをまとめるとこんな感じ:

【いま市場で起きていること】
◯半導体指数が弱い:関連株売り
◯鉄鋼株が弱い:関連株売り
◯金利が上昇:グロース株売り
◯資源安:資源株売り。ただし底が近そう

いまの地合いなら、「グロース株の売り」あたりがうまくいきそう。でも、時期が悪い。いまはあまり売りポジを増やさないほうが良いかも。

詳しくは次項で。

日経平均チャート見通しと予想②
月末、グロース株は反発か?

これから勝ちやすそうなトレードアイデアはこんな感じ:

ここ数カ月、グロース株は「月末にめっちゃ反発する」というサイクルを繰り返してます。

1月は28日あたりから強くなったし、
2月は25日あたりから強くなったし、
3月は後半あたりから強くなったし。

ここ数カ月にかぎらず、アメリカ株とかだと100年近く前から「月末に上がりやすい」傾向があります。日本株も30年以上そんな感じ。

この傾向は「キツく下がった月」ほど強力なので、今回もそうかもなーと考えてます。

決算発表明けて、そこそこ市場の期待に応えられている決算だったところから、順次「ドカン!」と反発していきそう。新規の売りは控えておいたほうが良いかも。むしろリバウンドを狙いに、決算明けに株を買う!という作戦もうまくいきそうですねー。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【4/25版】
大型株は中立、グロース株は弱気
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●マザーズ↓(<5MA)
月末、グロース株は反発か?
①給料日が近い
②決算シーズンが近い

ちなみに、うちの今週の損益は+154万円でした。

正直、調子が良すぎます。勝った週の後には「ドカンと負ける」週が来ることが多いです。気をつけないと…。

話は変わりますが、今日は、大きな損をした取引がありました。この取引で15万円を失いました。

後で気づいたのですが、4月の初めにも似た取引をしていて、そのときは20万円損をしました。

つまり、僕は何度も同じような損を繰り返していたワケです。合計35万円も吹き飛ばしました。なんてこった。海外旅行に行ける金額だ。

相場では授業料が高くつきます。ほんのささいな注意不足が、10万円とか100万円とかの損につながります。ああ、恐ろしい。

損にはいろんな種類があって、

「儲けるためには、あるていど許容しなきゃいけない損」
「儲けるためだからこそ、許容してはいけない損」
「経験しなくても、避けることのできる損」
「経験しないと、避けることのできない損」

があります。

「儲けるためには、あるていど許容しなきゃいけない損」は、運が絡む部分。この損は対策できないし、儲けるための必要経費です。だから削れないし、というか削っちゃいけない。

「儲けるためだからこそ、許容してはいけない損」は、分の悪い勝負に手を出している場合ですね。自分が悪い。観察力が足りない。

「経験しなくても、避けることのできる損」は、たとえばレバレッジ満額で低位株1銘柄に全ツッパするとかです。自殺行為。論外。

「経験しないと、避けることのできない損」は、最低1回は通らなきゃいけない。そして対策の打ちようがある損失です。

この4つのうち、最後の1つ「経験しないと、避けることのできない損」は、損をした経験を次に生かせるかどうかが勝負どころです。

損をしてからが本番。原因を調べて、対策を練ることができたら成功。できなければ、また同じ損を何度も繰り返すことになります。

損の原因に気付けたら、それこそ10万円とか100万円とかを「失わない」だけの価値があります。この気付きはめちゃデカイ。

僕は4月に入ってから同じ損を繰り返して、35万円も吹き飛ばしていました。

損をしても、次に活かせれば成功です。一方、損をしたうえ、次にもいかせなければ失敗です。

今日はこの損が悔しくて悔しくて、家で地団駄を踏んでいました。まあ、原因に気づけただけ良いのだけど。

本来、損の原因に気づけたら喜ぶべきなんですよね。次からうまくやれるから。むしろ何も気付けないときのほうが悔しがるべきなんだろうけど。

それでもやっぱり悔しい!!!!!

読者の皆様は、僕みたいに同じ損を繰り返さないでくださいね…。

– 中原良太