スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:新興株の暴落が近い?(3/15版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では3/15以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

3/14引け。日本株はまちまち。大型株は強いですが新興株は弱いです。

大型株が強い理由は円安でしょう。

日本がぜんぜん利上げする気配がないので、円がめっちゃ弱いです。円安メリット株からすればやや追い風ですが、中身の無い株高です。

一方、新興株が弱い理由は米金利の上昇でしょう。

新興株は金利に敏感で、特に短期金利が上がると下がりやすいです。さいきんは短期金利が高値を更新しているので、また新興株は安値を更新しはじめると思います。

資源高が一服したので、正直、いまはあまり買いたい株がありません。あえて候補を出すなら銀行株や保険株くらいでしょうか。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、これから上がりそうな銘柄をまとめていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
米金利が高値更新、新興株に売り信号

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「米金利が高値を更新してきているから、たぶん新興株は安値を更新してくると思うぞ!」という点です:

先週、動画でもお見せしましたが、米国の短期金利で、上下を逆さにするとJASDAQ INDEXとかマザーズ指数にそっくりなんですよ。

いま、米2年金利は高値を更新してます。上下を逆さにしたチャートが新興株の未来と考えると、JASDAQ INDEXやマザーズ指数が安値を更新する日も近い気がします。

一方、大型株は円安のおかげでギリギリ持ちこたえてます。とはいってもギリギリです。円安が一服したら急に落ちると思います。

ざっくり、いま市場で起きていることをまとめるとこんな感じ:

【いま市場で起きていること】
◯半導体指数が弱い:関連株売り
◯鉄鋼株が強い:関連株買い
◯金利が上昇:新興株売り、銀行株・保険株の買い
◯資源高:ピークっぽいので資源株利食い
◯ウクライナ侵攻:ロシアがらみの株売り

足元では短期金利が高値を更新しています。新興株を買うのは危ないと思います。

僕はロシア絡みで避けていましたが、足元では銀行株や保険株が強いです。ロシアと関わりの浅いところなら買っても良いかもですね。

日経平均チャート見通しと予想②
銀行株や保険株に注目。現金もアリ?

これからあがりそうな銘柄をいくつか:

いま「素直に上がってるなー」と思うのが保険株です。

ロシア不安でけっこう下がっていたこともあり、リバウンドも含めて金利上昇とともに大きく上がっています。

その他の円安メリット株と比べると、保険株の上げには実態が伴っていそう。続伸を狙うなら、保険株が狙い目な気がします。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【3/15版】
米金利が高値更新、新興株に売り信号
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
銀行株や保険株に注目。現金多めもアリ?
◯三菱UFJ(8306)
◯第一生命(8750)
→金利上昇メリット、金利が強いうちは強気

ちなみに僕は、ここ2〜3カ月でもっとも現金ポジが多いです。FOMC前でもありますし、ポジションは控えめです。

インフレが嫌なので純金を買いたいのですが、だいぶ上がってしまったので下がってくるのを待っています。

もっと金利が上がれば、いちどくらい調整すると思うのですが…。

– 中原良太