スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:ロシア軍一部帰還報道で日経先物が急騰(2/16版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では2/16以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

2/15、日本株は全体的に弱めでした。

引け後17時頃には、ウクライナ付近のロシア軍が一部帰還したと伝わり、日経先物が上がりました。※

※ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXZASS0IMF06_V10C22A2000000/

ただ、ウクライナ情勢がそんなカンタンに解決するとも思えませんので、たぶん一時的なアゲ(ダマシ?)だと思います。

これからの見通しですが、「新興株はしばらく弱気」「大型株はギリギリ中立(かなーり弱気に寄った中立です)」と予想します。

日本株の温度計的存在の日本製鉄(5401)が弱くなってきたので、大型株のスタンスも弱気に傾いてきました。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、これから上手く行きそうなトレードについてまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は下落基調、続落しそう

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「いままでどおり新興株は弱気、大型株も中立から弱気へ移るかも!」という点です:

相変わらず、新興株はダメダメです。金利が高止まりしているうえ、NASDAQも弱いのでしばらく続落しそう。

新興株は「いちど下がり始めると続落しやすい」ので、下がっているうちは手を出さないのが無難だと思います。

また、これまで中立スタンスだった大型株も、そろそろ弱気スタンスに切り替えるかもしれません。

日経平均チャート見通しと予想②
日本製鉄(5401)が弱い。要警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「日鉄が崩れたら大型株もやばそうだぞ!」という点です:

↑のツイートのスクショを見ればわかるとおり、日鉄が崩れると日本株は全体的に崩れやすいです。

そもそも機械をたくさん作ってる国なので、鉄鋼やら半導体やらが冷えると、それ意外も自ずと冷え込んじゃうんですよね。製造業系の株は買いにくい。

半導体はすでに米国で冷え込んでますし、これに加えて鉄鋼も冷え込んだらけっこう強い売り信号です。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【2/16版】
主要指数は下落基調、続落しそう
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
日本製鉄(5401)が弱い。要警戒
日鉄が崩れると日本株も崩れやすい。

ちなみに、僕のポジションはきのうと同じです。すこしだけ商社株と金属株を売りましたが、だいたい資産配分は変わりません。

ロシア軍が一部撤退したのは、僕のポジションにとってはかなり不利です。

資源株が下がって買いポジが負け、相場全体が上がって売りポジも負けそう…。平和が一番だし、喜ばしいニュースなのだろうけど、自分の財産を守るためにやったことが裏目に出て、損をするのもツラい…。

– 中原良太