スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:売り(1/31版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では1/31以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

1/28、日本株は反発しました。

ただし、今回の反発も「きのうの下げが急すぎたから、すこし戻しただけ」という感じでしたね。

トレンド自体は下方向のままなので、僕は弱気継続です。株を買うよりも、売るほうが有利だと思います。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、これから有力そうなトレードアイデアと経験則をまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
日本株反発もトレンドは下、警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「しばらく株は下がりそうだから買わないほうが良いかもだぞ!」という点です:

1/28、日本株はすこし反発しました。ただ、底打ちした!という感じはなく、きのうの下げに対する小反発という感じです。

トレンドはまだ下方向なので、うかつに買わないほうが良さそうです。

アメリカではSOXがだだ下がりですし、日本株でも日本製鉄(5401)が弱いです。地合い的には製造業に向かい風ですから、「ものづくりの国」である日本株は全体的に弱くなりそう。(特に大型株)

また、FRBの姿勢もタカ派でした。引き続き、グロース株にも向かい風です。大きく下がったからと言って、底打ちすると考えるのは早計かと。

基本は弱気。株を買うとしても、地合いなんて関係なく動く銘柄とか、買い材料のある銘柄(たとえば鉱業株)なんかに絞ったほうが良いでしょうね。

日経平均チャート見通しと予想②
純金ガチホ+日経売りが基本か

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「無難に過ごすなら純金ガチホ。儲けたいなら日経売りが良さそう」という点です:

例年、純金は2月あたりから弱くなりやすいです。だから時期的には「売り」なのですが、いまの世界情勢的には「買い」だと思います。

インフレもすごいし、景気の見通しも悪いからです(さいきんは、長短金利差も縮まってきています)。

また、日本株はけっこう下がっていますが、過熱気味な米国株はまだ全然崩れていません。「2〜3カ月前に戻った」くらいしか下がっていないので、下落余地はまだまだありそう。

いますぐ崩れるかは分かりませんが、トレンドが崩れた以上「いつ崩れてもおかしくない」状況にあると思います。

これをチャンスと捉えるなら、「日経売り」とか「TOPIX売り」みたいなトレードも1つの手だと思います。

僕も少しだけ売りポジを保有中。どうせならもっと売っときゃ良かったなぁ…。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【1/31版】
日本株反発もトレンドは下、反落に警戒
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
純金ガチホ+日経売りが基本か
◯純金(1540):75日線割れが買い場
◯日経(TOPIX):SOXが弱いうちは売り

ちなみに僕は「純金ガチホ」+「少しだけ売りポジ」という感じでトレードしてます。

26日に原油株も少し買いましたが、これはトントン。これからに期待します。

来週は、ほんのすこし株を買おうかと思っています。相場に振り回されにくい銘柄で、ちょうど買い信号が点灯したものがあるので。

ただ、勝算がある銘柄以外は「だいたい弱気」です。来週からも下がると思っていますんで、むしろ売りポジを増やしたいですねー。

– 中原良太