スポンサーリンク

2021年に勝てなかった理由

2022年1月13日

どうも、中原良太です。

マザーズの下げっぷりが酷いですね:

成長株が大好きな人にとっては、ひどい地合いだと思います。好業績な株を買っても儲からん!ということも多いですね。

かくいう僕は純金ガチホで静かにしていて、いちおうプラス。ただ、静かにしているだけでもお金は増えないのでそろそろ短期取引を再開したいなぁ…。

新しい売買ルールを開発中です…。

【これまでの資産変動】
12/23終値→1/13終値:+33万円(一部、反映遅れあり)
2022年:+33万円
2021年:+340万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

2021年の反省

先ほど、こんなツイートをしました:

短期トレードって「運ゲー」なところもあるので、数を打たないことには成績が安定しないんですよね。

だから、なるべく同時にいろんな種類の弾を打ちたいのだけど…。ただ、そうはいっても勝算もなく株を買うわけにはいかんので、あれこれ短期取引について研究中です。

最近のマイブームは「タイムマシントレード」というやつ。孫正義さんが「タイムマシン経営」なんてことばを使ってましたが、それみたいなトレードです。

具体的には、とりあえず米国で盛り上がったセクターを日本で買うというだけの超シンプルな手法なのですが、これがなかなかうまくいく。

さいきんは「ナスダックが下がる⇨日本でも成長株が全下げ」という感じなんで、「じゃあ上がってるやつマネして買えば良いじゃん」というだけの手法です。

たとえば↑のツイートの鉱業株も「アメリカで鉱業株が上がったら買う!」というだけの手法ですがけっこう強力です。

もっと研究して、いまみたいな地合いでも勝てそうなテクニックをたくさん作っとこ…。

– 中原良太