スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:ダマシ?(12/22版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では12/22以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

12/21、日本株は反発しました。しかし、トレンドはまだ下方向なので、今回の反発は「ダマシ」な気がします。これからふたたび下がりそうなので、安易に買わないほうが良さそう。

昨日も書いたとおり、僕は基本的に株式に弱気です。景気が悪いし物価も上がりそうなので、ひたすら純金を買ってインフレ対策してます。

もう少し景気が良かったら、海運株とか鉱業株とかが狙い目になる気もしますが…。

…ということで、本記事では足元の状況を踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、インフレ対策として狙い目に見えるセクターををまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
反発もトレンドは下方向、反落に警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「日本株は反発したけど地合いがまだ悪いから、反落に警戒だぞ!」という点です:

きのうも書きましたが、①景気の見通しが悪い、②時期が悪い、③金融引締、④米国株が過熱ぎみ、という4つの理由で株は買いたくない。

12/21の反発も中途半端でしたね。トレンドはまだ下方向なので、まだ買い場ではない気がしています…。

日経平均チャート見通しと予想②
純金ガチホ。インフレ対策多め

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「景気が悪いので純金が無難だと思うぞ!景気がすこし良くなったら海運株とか鉱業株も狙い目かも!」という点です:

いまは「不景気」と「インフレ」の2つが怖い。

不景気だと株式が下がりやすいです。だから、株式はあまり買いたくないです。

また、インフレだと現金の価値が薄れます。だから、現金もあまり持ちたくない。金融緩和のせいで金利も低いので、債券もビミョーです。(もうすこし金利が高かったり、インフレが弱かったら良いんですけど…)

株式も現金も債券もビミョー。だから、基本は「純金あたりのインフレに強い資産を持って静かにしておく」のが無難な気がしています。(他にも銀とか選択肢がありますが、銀は金よりも値動きが激しくて心臓に悪いんですよね…)

もうすこし景気が良かったら、インフレに強いセクターを買っても良い気がします。

個人的に気になっているのは海運株、鉱業株、商社株の3つ。

特に商社株は業績も好調で、海運株や鉱業株のように急騰してないので僕の好みです。景気が良かったら商社株を狙っていると思います。

ちなみに、「純金とインフレに強い株、両方とも買ったらどうか?」とも悩みましたが、これだとデフレリスクに弱くてビミョー。

組み合わせるとしても「インフレ+不景気」に強い純金と、真逆の「デフレ+好景気」に強い銘柄のほうが分散効果が高そう。

そういう意味では、100円ショップのセリア(2782)とかは、デフレに強いし、純金と一緒に持つのに相性が良い気がしています。

イメージとしてはこんな感じ↑

…ま。デフレと好景気が同時に来る可能性は低い気がするので、純金ホールドだけで良い気がしています(汗)

とりあえず、いまは株を買うタイミングじゃない気がするので、買うとしても年末以降ですね。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【12/22版】
反発するもトレンドは下方向、反落に警戒
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
ひたすら純金ガチホ。インフレ対策多め。
◯インフレ+好景気:海運株など
◯インフレ+不景気:純金←イマココ?
◯デフレ+好景気:セリア?(可能性低)
◯デフレ+不景気:債券(利上げ次第)

ちなみに僕は、純金を着々と買い集めています。今週末までには、iDeCoで買っていた債券も純金へと乗り換える予定です。

不景気の度合いもまだ弱いので、商社株とかも気になるんですけどね。いまの地合いじゃ買いたくないなぁ…。

– 中原良太