スポンサーリンク

やはり日本の景気は悪いと思う…

どうも、中原良太です。

相場が反発しました。逆張りで買った人はおめでとうございます。ちなみに僕は逆張りで株は買ってなかったので、ぜんぜん含み損が回復しません…:

今週はスズメの涙ほど持っている持ち株と、大事に抱えている純金がすこし反発しました。おかげで含み損が少し解消されましたが、やはり先週のマイナスがでかかったなぁ…。

僕はいまみたいな相場で儲けようとは思ってません。こういう相場はとても苦手なのでスルー。

しばらく守り重視で待機してる予定です。純金や債券に買い場が来たら、そのときはちょっと買ってみようかな。

【これまでの資産変動】
12/2終値→12/9終値:+40万円(一部、反映遅れあり)
2021年:+295万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

やはり日本の景気は悪いと思う…

先日、こんなツイートをしました:

内閣府は7-9月期のGDPを下方修正しました。確実に日本の景気は減速し始めています。

ちなみに、2020年は7-9月期はめっちゃ成長しました。だから、好調だった享年と比べてGDPが前年比マイナスなのは仕方ないと思ってます。

問題なのはGDPを「下方修正した」というこの部分。想定を下ぶれているということ。コロナの収束を願って期待感マックスなこの相場で下方修正。これは危ないサインだと思っています。

GDPは「市場全体の決算短信」みたいなもんです。7-9月期の実績総利益を下方修正したということ。これが成長株だったら、多くは株価が下がるはずです。「業績未達」というやつです。経済全体でも同じ動きになってもおかしくない。

もうコロナショック後のイケイケ経済はストップしつつあります。金融緩和による景気刺激の限界が見えてきており、そろそろ現実を見なきゃいけなくなってくる頃合いなんじゃないかな。

株価が(特に米国株が)高い。景気は減速しはじめている。…となると、これから相場が目指すのは下方向な気がしています。

年内に崩れたらクリスマスショックの再来。年内に崩れなかったらズルズル下げ…という動きになる気がしています。

どうせならスカッと下がってくれたほうがやりやすいんですけどね。面倒な相場です。

だから僕は引き続き、守りを固めておきます…。1月からは純金が上がりやすいので、それまでに純金を仕込んでおこうかな…。

– 中原良太