スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:いま注目の逆張り銘柄3選(11/9版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では11/9以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

11/8、日本株は小幅安でした。特にマザーズは下落がキツかったです。

週末にイーロンマスクが「テスラ株を売るべきか」ツイッターでアンケートを取りましたが、これと何か関係あるのでしょうか。

なんにせよ、日本の新興株指数は「地合いが弱くなると急に弱くなる」傾向があります。

指数に連れ安しやすい銘柄は買わないほうが良さそう。

ほか、僕は景気に弱気なので景気に敏感な大型株も避けたいところ。

買いたい株があまり見つからない難しい地合いです。

チャンスがあるとすれば、景気や地合いに鈍感な「ディフェンシブな銘柄」でしょう。このあたりに勝機がある気がします。

…ということで本記事ではいまの地合いを踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、いま上がりそうな銘柄を考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
新興株が下落トレンド入り、続落に警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「景気の見通しが悪いから大型株はパス。新興株も下落トレンド入りしたから基本スルーが良さそう!」という点です:

こないだも書きましたが、僕は日本や米国の景気の見通しに弱気です。(ほか、インド株とかも弱気です)

日本の大型株は景気に敏感なものが多いので、現金多めで、しばらく手を出さないほうが無難だと考えます。

また、先週まで好調だった新興株も、今週に入ってから地合いが悪くなってきました。地合いが悪くなると連れ安しやすい銘柄は、買わないほうが良いでしょう。

「景気の見通しが悪い」「地合いが悪い」ということで、いま買うとしたら、この2つの影響を受けにくい銘柄でしょうね。

個人的には、KDDIなど逆張りで儲けやすい銘柄が狙い目だと考えています。

日経平均チャート見通しと予想②
KDDIなど、逆張り向き銘柄に注目!

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「いまは逆張り向きのディフェンシブ株が狙い目かも!」という点です:

ちなみに僕は、日本株に弱気なので、債券や純金、そして外国株に目を向けています。

さいきんは鉱業株が強いですが、振り返ってみると、鉱業株の買い時は「今年の春くらいだったかなぁ」と感じます。

いまから買うのはちと違う気がします。鉱業株は景気に敏感ですから、景気が悪くなると売られやすいからです。

だから、いまの景気では「買いにくいなー」と感じます。

余談ですが、「鉱業株が上がると電力株が下がる」って傾向があるんですね。さっき知りました。

そう考えると、鉱業株と電力株って分散効果が高くて相性が良いのかも。いまは鉱業株が強いから、しばらく電力株は弱いかな…。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【11/9版】
新興株が下落トレンド入り、続落に警戒
◯日経平均↑(>75MA)
◯TOPIX↑(>75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
KDDIなど、逆張り向き銘柄に注目!
◯KDDI(9433)
◯JT(2914)
→5日平均を下回ると反発しやすい
◯大阪ガス(9532)
→25日平均を下回ると反発しやすい
→原油高が逆風?心配ならスルー

ちなみに、僕はいまノートレードです。

少なくともあと2〜3日はノートレードです。今週後半には、オプション取引したり、外国株を買ったりするかもです。

景気が良くなりそうなら日本株も買いたいんですけどねー…。もうしばらく様子見しておきます…。

– 中原良太