スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:衆議院解散で全面高(10/18版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では10/18以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

10/15、日本株は全面高となりました。僕が株を売ったとたんに全面高になるってどういうこと…?(涙)

地合いが良いので「なにかしたい!」という気持ちになる方も多いでしょう。

…ということで本記事ではいまの地合いを踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、いま買い時の銘柄について考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
衆議院解散で全面高に。狙いは新興株

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「景気に鈍感な新興株だったら、短期で買うのもアリかも!」という点です:

今週前半までの地合いが嘘のようですね。日本株がスルスルーっと上昇トレンドに戻りました。

衆議院解散は経験的には「買い信号」です。解散から選挙までの間は株価が上がる傾向があるので、短期決戦で買うのもアリかもです。

とはいえ、足元では景気が減速気味。だから、地合いが良くても「そこまで強気になりきれない」というのが正直なところ。

僕としては、いまから株を買うとしても、あくまで「短期決戦」が良いと考えています。(長期保有は不景気に飲まれて損しそうなので)

いま個人的に注目しているのは新興株です。

というのも、日本の新興株は景気に鈍感な銘柄が多いからです。「地合いさえ良ければ上がる」ものもけっこうあります。

足元ではマザーズやJASDAQが強いので、これらの指数に追随するような銘柄に注目すると良さそうです。

日経平均チャート見通しと予想②
メルカリ、日本マクドナルドなどに注目

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「メルカリや日本マクドナルドあたりが有力そうだぞ!」という点です:

順張りは鮮度が大事です。

グイグイ上がったあとになってから買うと、高値づかみのリスクが高まるうえ、期待できるリターンも減るからです。

だから、「週明けにすぐ買う」か「きっぱり諦める」か、週末のうちにどちらを選ぶか決めるのが良いかもしれません。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【10/18版】
衆議院解散で全面高に。狙いは新興株
◯日経平均↑(>75MA)
◯TOPIX↑(>75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
メルカリ、日本マクドナルドなどに注目
◯メルカリ(4385)
→マザーズ指数が5日線超えで買い信号
◯日本マクドナルド(2702)
→JASDAQ INDEXが5日線超えで買い信号

ちなみに、僕は現金多めで様子見する予定です。

ビビりすぎかもしれませんが、しばらく冬眠している予定です…。

– 中原良太