スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:いま狙い目の原油関連株は?(10/11版)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では10/11以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

10/8、日経平均株価は続伸しました。今週前半まで2週間近く連続で下がっていて行き過ぎたからか、反発していますね。

足元では米国株も戻ってきました。商社株など海外情勢に敏感な株も、そろそろ視野に入れても良さそうです。

とはいえ、まだS&P500指数は25日線を回復していませんし、強気にはなりにくいですが…。

…ということで本記事ではいまの地合いを踏まえつつ、これからの日本株の見通しと、いま買い時の銘柄について考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
新興株は上昇トレンド復活!続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「新興株が上昇トレンド復活したから、短期的な続伸に期待だぞ!」という点です:

アメリカ株の反発を受け、ひとあし先に新興株が上昇トレンドを回復しました。

週末のアメリカ株市場が荒れなければ、週明けあたりにでも新興株を物色してみると良さそう。

一方、大型株は向かい風が続きます。大型株を買う場合は、トレンドは下方向なので、現金多めで保守的に取り組むのが良さそう。

あまりリスクを取らず、「いちど儲けた後に、儲けを吹き飛ばす」と、儲けていても損をした気持ちになります。

足元では旅行や半導体に関連する銘柄が盛り上がっていますが、これらはスルーが良い気がしています。

まず、個人的には旅行関連株は「逆張り向き」というイメージがあります。上がったときに追いかけると高値づかみになる気がするので避けておきたい。

ほか、半導体関連株は頼りのSOXがビミョーです。SOXが上がらないと盛り上がらない株も多いので、こちらも避けておきたい。

僕が狙うとしたら、原油高メリットで、まだ上がりきっていない銘柄とか、あるいは円安メリットでしょうか。

日経平均チャート見通しと予想②
原油高に米国株高!狙い目のセクターは?

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「石油石炭製品の押し目買い!あるいは米国株に強気ならフライング気味で商社株もアリかも!」という点です:

ちなみに、商社株を買うのはちとフライング気味な気がします。

週末のアメリカ株次第ですが、10/7時点でS&P500指数が25日線を超えておらず、ちと勢いに欠けるからです。

また、石油石炭製品も「なんでも買い!」という感じではありません。

というのも、原油高メリットの株は買い時が遅いと高値づかみになりやすいからです。(鉱業株もそうです)

だから、選ぶなら「原油が上がってるのに株価が上がってない!」みたいな、一見気持ち悪い銘柄のほうが狙い目な気がしますね。

あとは、おとといに取り上げたトヨタ自動車(7203)みたいな、円安メリット株にも注目です。

足元ではアメリカの金利がグイグイ上がっています。いっそう円安が進みそうですから、円安メリット株には追い風です。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【10/11版】
新興株は上昇トレンド復活!続伸に期待
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
原油高に米国株高!狙い目のセクターは?
◯商社株:双日(2768)
→原油高や米国株高が追い風になりやすい
◯石油石炭:コスモHD(5021)
→原油高が追い風になりやすい
→10/8に下落したものの押し目買いのチャンスか
※ただし商社株はややフライング気味

ちなみに、僕は月曜日に好決算株を利益確定し、短期銘柄はノーポジです。現在、積立投資と長期投資オンリーです。

ひとまず大型株が反発して、含み益がすこし戻ってきました。ただ、なんだか今回の値上がりはキナ臭さを感じています。

「ただの反発」という感じがしていて、トレンドが生まれるような力強さは感じていません。

週末ドカン、週明けアギャー!なんてならないと良いのだけど…。

– 中原良太