スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:一時3万円回復、ソフトバンクグループ爆上げ【9/8版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では9/8以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

9/7、ふたたび日本株は全面高でした。

菅総理が退陣する見通しを発表してから、日本株はイケイケです。

日経平均株価は一時3万円を回復して、「うおおお!」と興奮していた方も多いのではないでしょうか。

その一方で、「いやいやちょっと待った。あまりにトントン拍子で株価上がり過ぎじゃない?」「そろそろ利益確定したほうが良いのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

ほかにも、「日経平均株価とかTOPIXがこんなに上がっているのに、どうして自分の持ち株が全然上がらないんだ!」と疑問に感じている方もいるでしょう。

そこで本記事では上のツイートを深堀りしつつ、これからの日本株の見通しと、いま買い時の銘柄について考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は全面高、まだまだ続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「主要指数が全面高だから、まだまだ続伸に期待だぞ!」という点です:

ここ1週間ほど、日本株は指数ばかり上がっています。

選挙前は株価が上がりやすいので、「いまから選挙まで上がる」→「そのまま年末ラリーへ突入」という線が見えてきました。

景気の実体も悪くないですし、いまのうちに株を買っておけば、選挙ラリーの上昇気流に乗れそうです。

とはいえ、足元で上がっているのは「大型株だけ」です。銘柄を厳選すること以上に「順張り向きな大型株を持っていること」が大事な気がします。

成績が伸び悩んでいる方は「小型株」がメインなんじゃないでしょうか。

日経平均チャート見通しと予想②
足元は指数主導の相場。ETFに注目

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「指数主導の地合いなので、ETFを買うのが無難に勝てそう!」という点です:

例年、9月は業績相場になりやすいのですが、今年は指数主導の「大型株ばかり上がる地合い」です。

無難に利益を狙うなら、日経平均株価やTOPIXに連動するETFを買うのが良さそうです。

個別株を買うのであれば、昨日取り上げた「順張り有利な大型株」が狙い目だと思います。太陽誘電(6976)もその1つですし、今日取り上げているソフトバンクグループ(9984)も25日平均を回復したので、買い信号です。

「無難に儲けを狙うならETF」「ひと工夫して利益を伸ばしたいなら順張り向きの大型株」という感じでしょうかねー。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【9/8版】
主要指数は全面高、まだまだ続伸に期待
◯日経平均↑(>75MA)
◯TOPIX↑(>75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
足元は指数主導の相場。ETFに注目
◯NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信(1321)
→日経平均が75日平均を上回ると買い信号
◯NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信(1306)
→TOPIXが75日平均を上回ると買い信号
+α:ソフトバンクグループ(9984)
→終値が25日平均を上回ると買い信号

ちなみに、僕は3週間前に買ったゴム株と商社株をまだ持っています。

日経に連動するETFやTOPIXに連動するETFはすでにたくさん持っているので、好決算株はそのまま持っているつもりです。

これで、どっちが上がっても儲かります。大型株が上がっても良し、好決算株が上がっても良しです😁

– 中原良太