スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:海運株が急反発【8/24版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では8/24以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

8/24、日本株は全面高となりました。週末に暴落した海運株も週明けに急反発しました。

反発した海運株を見て「やっぱり買って大丈夫なのかな?」と感じた方もいるでしょう。

そこで本記事では上のツイートを深堀りしつつ、これからの日本株(特に海運株)の見通しと、いま買い時の銘柄について考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
新興株が上昇トレンド復活、続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「新興株の上昇トレンドが復活したから、続伸に期待だぞ!」という点です:

先週に「マザーズの上昇はダマシだと思う」と書きましたが、ダマシじゃなかったかもです。

ビットコインやJASDAQも上がり、追い風がふきつつあります。これまでの下落が激しかったぶん、大きな反発が期待できそう。

また、足元では円安が進んでいます。日経平均やTOPIXが下落トレンドですが、円安を追い風に短期的に強くなりそう。

もう一段の値上がりに期待です。

日経平均チャート見通しと予想②
海運株が反発、これからどうなる?

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「海運指数が強いうちは、海運株はまだ上がると思うぞ!」という点です:

商船三井(9104)は海運の大手です。

先週末に海運セクターが急落しましたが、海運指数が強いうちは押し目を狙っても良いと思います。

「もう反発しちゃったから買わないほうが良い?出遅れた?」と感じる方もいるでしょうが、海運指数が強いうちは多少上がってても買い信号です。追いかけて良いと思います。

ブリヂストン(5108)は言わずとしれたタイヤの会社。

同社株はゴム価格と逆に動く傾向があります。ゴムが下がると株価が上がりやすいです。

先週末あたりから、ゴムの先物価格が暴落しています。そのおかげで同社株にも追い風が吹きつつあります。続伸に期待です。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【8/24版】
新興株が上昇トレンド復活、続伸に期待
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
海運株が反発、これからどうなる?
①商船三井(9104)
→バルチック海運指数が強いうちは買い信号
②ブリヂストン(5108)
→ゴム先物が弱いうちは買い信号
→円安トレンドが続くうちは買い信号

ちなみに、僕は先週に買ったゴム株と商社株をまだホールド中です。

ゴム下落と銅下落のダブルパンチで絶賛、含み損中。年初来マイナスで落ち込んでいるところ。はァァ〜…。

– 中原良太