スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:海運株が暴落【8/23版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では8/23以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

8/20、海運株が暴落しました。海運株指数は前日比で8%安。業種別指数が1日で8%も下がるなんて初めてみました。

一方で、「初押しは買い」という相場格言もあります。これまで買わずに我慢していた方は「いまが買い時かも?」なんて考えているのでは?

そこで本記事では上のツイートを深堀りしつつ、これからの日本株の見通しと、いま買い時の銘柄、海運株の見通しなどについて考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数はほぼ総潰れ、暴落に警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「主要指数がほぼそう潰れだから、引き続き暴落に警戒しよう!」という点です:

マザーズ指数が上がっていますが、たぶんダマシだと思います。

主な理由はTOPIXが弱いから。マザーズはTOPIXに引きずられやすいので、マザーズが強くてもあまり楽観できません。

セクター別に見ても、ほぼ総潰れです。いまから株を買うなら、暴落に備えて逆張り向きの銘柄に注目するのが良いとい思います。

日経平均チャート見通しと予想②
暴落に強い銘柄に注目

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「地合いが悪いので、暴落にも負けにくい銘柄に注目すると良さそうだぞ!」という点です:

信越化学工業(4063)は塩ビや半導体ウエハーの大手です。

同社株は1週間くらいで下がっているところを狙うと儲けやすいです。来週の反発が期待できそうです。

JT(2914)はたばこ製造や食品を手掛ける会社です。

同社株も5日線割れが買い信号。ここ最近は、5日線を割れてから高確率で反発しているので、今回も逆張りで買うとうまくいきそうです。

さいごに商船三井(9104)ですが、8/20に海運セクターが急落しました。

本来、海運株は順張り向きで、「上がったら買う」「下がったら売る」というトレードがうまくいきやすいです。

だから、心配な人は売って逃げてしまうのもアリだと思います。ただ、今回は海運指数もまだ強いですし、まだ追い風だと思います。

「初押しは買い」とも言いますし、海運指数が強いうちは押し目を拾うのもアリだと思います。(海運指数が下がり始めたら、即逃げが良いと思いますが)

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【8/23版】
主要指数はほぼ総潰れ、引き続き暴落に警戒
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
暴落要員の信越化学工業(4063)などに注目
①信越化学工業(4063)
→5日線割れで買うと反発しやすく買い信号
→足元でSOXが下がり気味でも影響は軽微か
②JT(2914)
→5日線割れで買うと反発しやすく買い信号
→食料品セクターは逆張り向き
△商船三井(9104)
→初押しは買い?

ちなみに、僕は週明けに買ったゴム株と商社株をまだホールド中です。

絶賛、含み損中。もう10%近くマイナスです。塩漬けして反発を待ちます…。

– 中原良太