スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:3日続伸【7/28版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/28以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

7/27、日本株は小幅高でした。日経平均株価は3日連続で上昇しました。

主要指数がだんだん上昇トレンドで揃ってきました。ダマシ感もしますが(笑)

毎月、月末の時期は株価が上がりやすいです。特に下がっている株を逆張りで狙うと儲けやすいので、下がっている株が狙い目かと。

本記事では上のツイートを深堀りしつつ、これからの日本株の見通しと、儲かりそうな銘柄を考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
TOPIXが上昇トレンド復活

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「TOPIXが上昇トレンド復活して、地合いがいい感じになってきたぞ!」という点です:

地合いがだんだん良くなってきました。時期を無視すれば「買い信号」です。

ただ、例年7月は株価が下がりやすいです。なので、一時的に株価が上がってもダマシになることも多いので要注意。

これから株を買うなら、株価が下がったときに反発しやすい、「暴落に強い・守りに固い銘柄」を狙うのが堅実で良さそうです。

日経平均チャート見通しと予想②
月末は逆張りが有利。暴落要員に注目

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「月末は下がっている株を買うと儲けやすいから、暴落に強い銘柄に注目だ!」という点です:

月末は、下がっている株を買うと有利なことが多いです。そこで、暴落に強く、足元で下がっている株を2つピックアップしました。

日本電信電話(9432)はドコモの親会社。KDDIもそうですが、通信キャリアは逆張りで買うと有利なことが多いです。

スタンレー電気(6923)は自動車用部品のメーカー。同社株も1週間〜1カ月で下がったところを狙うと儲けやすいので注目です。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【7/28版】
TOPIXが上昇トレンド復活、ちょっと期待
●日経平均↓(<75MA)
◯TOPIX↑(>75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
月末は逆張りが有利。暴落要員に注目
◯日本電信電話(9432):25日線割れで買い信号
◯スタンレー電気(6923):25日線割れで買い信号

ちなみに、僕は金属株で買い発注を出すも、今日も刺さらず。買えば儲かったときに限って、発注が刺さらないという…。

裏目裏目で悲しい😣

– 中原良太