スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:暴落?やばい?【7/21版】

※7/22〜7/25はブログと動画の更新をお休みします!

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/21以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

週明け、アメリカ株が大幅安となりました。日本株も引きずられて大きく下がっています。

いま、含み損で苦しい思いをしている方も多いでしょう。「これからどうなるの?」と心配な方もいると思います。

本記事では上のツイートを深堀りしつつ、これからの日本株の見通しと、儲かりそうな銘柄を考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は軒並み安、暴落に警戒

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「主要指数は軒並み下落トレンドだから、暴落に警戒だぞ!」という点です:

日本株の主要指数はいちど下がり始めると続落しやすいです。

いまは株を買わずに静かにしているのが良さそう。

それでも株を買う場合は、暴落に強い銘柄を狙うのが良さそうです。

日経平均チャート見通しと予想②
暴落要員が狙い目か。KDDI(9433)など

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「基本は現金が良いと思うけど、どうしても買いたい場合は暴落要員に注目すると良さそうだぞ!」という点です:

ギリギリ買っても良さそうな株を1つピックアップしました。

KDDI(9433)は暴落要員です。逆張りで買うと儲けやすいです。ビットコインの底打ち後あたりを狙って買うと儲けやすそう。

情報通信は基本NG。足元でビットコインが売られていますが、ビットコインが弱いと特に新興の情報通信セクターも弱くなりがちです。

ちなみにKDDIも情報通信ですが、同セクターの中ではビットコインの影響は薄め。構わず買うか、念のため待つかは好みかなぁ。

マザーズもNG。例年7月はめっぽう弱いうえ、トレンドも下方向です。メルカリ(4385)みたいな時価総額の大きな株ほど売られそう。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【7/21版】
主要指数はすべて下落トレンド、暴落に警戒
●日経平均↓(<75MA)
●TOPIX↓(<75MA)
●JASDAQ↓(<5MA)
●マザーズ↓(<5MA)
引き続き、暴落要員に注目
◯KDDI(9433):5日線割れで買い信号
●情報通信全般:ビットコ下落で売り信号
●マザーズ全般:5日線割れで売り信号

ちなみに僕は、火曜日の朝に金属株を損切りしました。これで3連敗です。悔しいなぁ。

いろいろ敗因を分析しましたが、ただ「地合いが悪かった」という一言に尽きますね。

また次のチャンスが来るまでゆっくり待ちます…。

– 中原良太