スポンサーリンク

アメリカ株価予想:弱気【7/19版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では7/19以降のアメリカ株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

週末、アメリカ株は全面安となりました。個人投資家も弱気に傾いてきていて、雲行きが少し怪しい気がします。

本記事では上のツイートを深掘りしつつ、これからの米国株の見通しと、儲かりそうな銘柄を考えます。

アメリカ株価予想①
主要指数は上昇基調、基本はホールド

アメリカ株価予想、1つ目のポイントは「主要指数は上昇トレンドだから、基本はホールドが良いと思うぞ!」という点です:

先週末にアメリカ株は下がりましたが、まだ上昇トレンドは崩れていません。基本は「ホールド」が良いと思います。

例年7月、アメリカでは景気に敏感な株が弱いです。材木価格も下がっていて景気敏感株は買いにくいので、守りに強いセクターに注目します。

アメリカ株価予想②
ディフェンシブなセクターに注目

アメリカ株価予想、2つ目のポイントは「いまはディフェンシブなセクターが上がりやすいと思うぞ!」という点です:

また、ヘルスケア株以外にも、先週にピックアップしたパブリックストレージ(PSA)にも注目です。

同社はトランクルームのリースやREITを管理をしている会社です。

同社株は米国10年金利が下がったときに買うと上がりやすいです。足元では金利が下がっているので、買い場かもですねー。

アメリカ株価予想+α
米個人投資家は強気が薄れる

アメリカ株価予想、最後のおまけとして「米個人投資家は強気が薄れてきたぞ!」という話をします:

AAIIセンチメント調査は個人投資家の投資スタンスを集計するアンケート調査です。

通常、アメリカの個人投資家は逆指標です。彼らが強気だと相場が天井をつけることも。

ちなみに、今回の結果は「平均的」という感じでした。目先は静かな相場になりそうです。

勝てそうな株なら買って良いと思いますが、様子見して静かにしているのでもアリだと思います。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

アメリカ株価予想【7/19版】
主要指数は上昇トレンド、基本はホールド
◯ダウ平均↑(>75MA)
◯ナスダック↑(>75MA)
●ラッセル2000↓(<25MA)
引き続き、ディフェンシブなセクターに注目
◯ヘルスケアETF(XLV):13週線割れで買い
◯ファイザー(PFE):13週線割れで買い
◯J&J(JNJ):13週線割れで買い

ちなみに、僕は先週はアメリカ株はノートレードでした。景気は上向きなのですが、高値を追いかけて買って儲かりそうなセクターが見当たらないんですよね。

なので、しばらく相場が下がるまで待っているところです。辛抱できなくなったら、バークシャーの株でも買おうかな😊

– 中原良太