スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:買い【6/28版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では6/28以降の日本株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

暴落が去って、日本株がまた上昇基調になってきました。

ひとまず反発して安心ですね。6月いっぱいは強気で株を持っていて良さそうです。できれば環境が追い風となるセクターから選びたいですね。

以降では上のツイートを深堀りして、目先の日本株の見通しと、今後の注目銘柄や、エントリーポイントについてまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
日経以外は上昇トレンド、続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント1つ目は「日経以外は上昇トレンドだから、続伸に期待だぞ!」という点です:

日本株の主要指数は「いちど上がり始めると続伸しやすい」傾向があります。上昇トレンド入りした指数は見通しが明るくチャンスです。

唯一、日経平均株価が弱いですが、足元では円安トレンドができているので、そこまで心配はいらない気がしています。戻りそうです。

主要指数は「ほぼ全面高」なので、基本は買いスタンス。中でも円安やら原油高などが追い風になるセクターに注目したいですね。

日経平均チャート見通しと予想②
円安・原油高メリット株、海運株に勝機?

日経平均チャート見通しと予想、大事なポイント2つ目は「目先は円安・原油高メリット株や、海運株が上がりそうだぞ!」という点です:

経済動向が追い風に受けそうな銘柄を3つ。ピックアップしました。

1つ目が日立製作所(6501)です。総合電機の会社。

同社は円安で業績が伸びる円安メリット企業です。円安トレンドのときは株価が上がりやすいです。目先は続伸が期待できそうです。

ちなみに、同社以外にも自動車株や電気機器株、機械株や精密機器株あたりが、円安メリットになりやすいので注目どころです。

2つ目が三菱商事(8058)です。総合商社の大手です。

同社株は原油が上がると伸びやすい。先週は一時原油が下がったのでヒヤリとしましたが、原油が戻ってきたので調子が戻りそうです。

ちなみ、同社に限らず商社株は原油高メリットとなりやすいです。丸紅など、別の会社にも注目しておくと良さそうです。

3つ目が日本郵船(9101)です。総合海運の大手です。

同社株は海運指数が上がると伸びやすい。先週末あたりから海運指数が復活しているので、同社株への資金流入も期待できそうです。

もちろん、同社株以外の海運株も「買い」スタンスですー😊

日経平均チャート見通しと予想+α
Twitterフォロワーの売買動向

日経平均チャート見通しと予想、最後のおまけとして「Twitterフォロワーの売買動向」を取り上げます:

※ご協力ありがとうございました!

アンケートの投票数は189票。結果は「買い越し35.4%」「中立42.9%」「売り越し21.7%」でした。

ちなみに僕は先週からフルポジを継続。「中立」でした。

僕のフォロワーさんは先見の明があるようです。ここ半年くらいは、このアンケート結果に「便乗する」と上手くいってます。

いつもと比べて、今回は「平均的だ」と感じました。経験則には偏った判断をせず、様子見するのが良さそうです。

個人的には「もっと強気で良いだろう」とは思うのですが、僕みたいにもう降るポジパンパンで買い越せない人が多いんでしょうかね?笑

足元では円安トレンドなので、すこし強気めくらいがちょうどよい気がしますねー。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【6/28版】
日経以外は上昇トレンド、続伸に期待
●日経平均↓(<75MA)
◯TOPIX↑(>75MA)
◯JASDAQ↑(>5MA)
◯マザーズ↑(>5MA)
円安・原油高メリット株、そして海運株に勝機?
◯日立製作所(6501):円安が続くうちは買い
◯三菱商事(8058):原油高が続くうちは買い
◯日本郵船(9101):海運指数が上がるうちは買い

ちなみに、僕は5月下旬に買った自動車株などをまだフルポジ・ノートレで保有しています。

勝算がある株はひたすら保有。6月いっぱいは上がると思うので、あと1週間くらいは保有を続ける予定です。

7月以降は、日本株が下がりやすいので、利食いする予定です。

– 中原良太