スポンサーリンク

PERとかPBRって役に立たなくね?

どうも、中原良太です。

地合いが戻ってきました:

先週末から、短期のトレードを再開しました。割安な好決算株をすこしずつ買い集めています。

これから1カ月くらいかけて、ゆっくり育ってくれるといいな😊

【これまでの資産変動】
5/19終値→5/26終値:+15万円(一部、反映遅れあり)
2021年:+248万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

とにかく、自滅しない

先日、こんなツイートをしました:

資産運用で何より大事だと思うのが「自滅を防ぐこと」です。

損をしたときに狼狽しないこと。得をしたときに浮かれないこと。つねに心をフラットに保つこと。

特に僕は、場中に取引しないようにしています。

「リアルタイムで株を見ていたおかげで助かった経験」よりも、「株価を見て狼狽して自滅した経験」のほうが多いんですよね😅

PERとかPBRって役に立たなくね?

先日、こんなツイートをしました:

PBRが使えないのは分かります。過小評価されている無形資産があったら、PBRが役に立ちませんからね。

一方、PERも使えないのはすこし理解が難しかったです。おそらく、特許など「競争を和らげる技術」があるからなんでしょうね。

技術を独占できれば、競争が和らぎます。収入が安定します。その分、収益価値が高まるんじゃないかなぁ。

PERとかPBRって、誰でも知っている超基本ですが、ちゃんと考えて使っている人ってすくない気がします。理解できれば、めっちゃ便利な指標だと思うんですけどね。

ちなみに、IT企業とかはPBRよりはPERのほうが役立つイメージがあります。僕がIT企業へ投資するときは、PERメインだなぁ😁

– 中原良太