スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:強気【5/26版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では5/26以降の日経平均の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

“日経平均チャート見通しと予想【5/26版】
◯主要指数は上昇トレンド、続伸に期待
◯6月に上がりやすい食品株2つ
5/25、日本株は小幅高。強い地合いが続いています。もうすぐ6月。例年、6月は食品株が上がりやすい。今回は、特に上がりやすい2銘柄をご紹介します☺️"

もうすぐ6月ですね。6月は権利確定も多い月です。優待株や高配当株が上がりやすいので注目です。

また、例年、6月は食品株指数が上がりやすいです。

そこで今回は、以降では上のツイートを深掘りしつつ、目先の日本株の見通しと、例年6月に上がっている食品株を2つピックアップします。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は上昇トレンド、続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、1つ目のポイントは「主要指数が上がっていて、続伸が期待できそう!」という点です:

“日本株は上がりはじめると続伸しやすく、下がり始めると続落しやすい。日経平均、TOPIX、日経JASDAQ平均、マザーズ指数は5日線超え。上昇トレンド。続伸に期待。また、これから6月末はボーナス相場で上がりやすい。うまくチャンスを掴みたい🤔"

日本株は全面高なので、経験則的には買い信号です。

米国株が過熱気味だったり、金利が高止まりをしていたり、不安材料もあります。

リスクを抑えたい場合は、食品株や医薬品株などディフェンシブなセクターに注目するのが良いと思います。

あるいは、財務が健全で、かつPERやPBRが低い割安株あたりが狙い目だと思います。

日経平均チャート見通しと予想②
6月に上がりやすい食品株2つ

日経平均チャート見通しと予想、2つ目のポイントは「例年、6月は食品株が上がりやすいぞ!」という点です:

“例年、6月は食品株が上がりやすい。中でも上がりやすいのは、山崎製パン(2212)、と明治ホールディングス(2269)の2銘柄。短期で持つのもアリだと思います。もちろん、割安な好決算株を持つのもアリです。リターン重視なら好決算株のほうが良いかと😊"

食品株は需要が変動しにくいディフェンシブなセクターです。相場が暴落したときにもダメージを減らしやすいです。

だから、リスクを抑えつつ利益を狙いたいときには食品株を。もう少し欲張ってリターンを狙うときには、好決算な割安株あたりを狙うのが良いと思います。

ちなみに僕は、すこし欲張って好決算株を買い集めているところです😊

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【5/26版】
◯主要指数は上昇トレンド、続伸に期待
◯6月に上がりやすい食品株2つ

ちなみに、食品株を買うときは逆張りで買うと上手くいきやすいです。

今日ピックアップした銘柄のは大型な食品株ですが、もう少し小型な食品株がズドンと暴落していたら、そちらを買っても良いかもですね😊

– 中原良太