スポンサーリンク

アメリカ株価予想:過熱【5/10版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では5/10以降のアメリカ株の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の3つ:

“アメリカ株価予想【5/10版】
◯主要指数は上昇トレンド、基本はホールド
◯米個人投資家はやや強気、引き続き警戒
◯FRBも過熱感を警鐘、今からできること
米国株は依然として過熱気味。バブルは5月から10月のあいだに弾けやすい。からリスク抑制に動きたいところ🤔"

普段はおべっかばかりのFRBすら「市場は過熱気味」と言い始めました。

前々から言っていたことですが、今はいつ下がってもおかしくなくリスクが高いです。

儲けるため…というより、損をしないため。今からできるリスク対策をおさらいしておきましょう。

以降では上のツイートを深堀りして、目先のアメリカ株の見通しと、これからできるリスク対策についてまとめます。

アメリカ株価予想①
主要指数は上昇トレンド、基本はホールド

アメリカ株価予想、1つ目のポイントは「主要指数が過熱気味だけど、経験則的にはホールドが有利!」という点です:

“ダウ平均は終値が200日線超えで上昇トレンド。ナスダックも75日線超え。経験則的には続伸しやすくホールドが有利そう。ただ、米国株のCAPEレシオは約38倍とさらに過熱。銘柄を入れ替えたり、逃げる準備をしたりしておきたい😵"

相変わらず、アメリカ株は高値水準です。

バブルはしぶといことが多いので、トレンドが続く限りは便乗するのが良いと思います。

一方、上昇トレンドが終わると、モーレツに下がる可能性があります。「嵐の前夜」みたいな状況です。

ギリギリまで粘る必要はありませんから、余裕を持って引き下がるのが良いと思います。

アメリカ株価予想②
米個人投資家はやや強気、引き続き警戒

アメリカ株価予想、2つ目のポイントは「米個人投資家はまだ強気だから、引き続き下落に警戒しよう!」という点です:

“AAIIセンチメント5/5時点。AAIIセンチメント調査の結果はまだ強気。内訳は「強気44.3%」「中立32.5%」「弱気23.1%」でした。中立が多く、9週ぶりの高水準でした。地合いが崩れる前に、銘柄入れ替えか利食いの準備をしておきたい🤔"

AAIIセンチメント調査は個人投資家の投資スタンスを集計するアンケート調査です。

通常、アメリカの個人投資家は逆指標です。彼らが強気だと相場が天井をつけることも。

米個人投資家はまだ強気です。株価も過熱気味なので、先手を売ってリスクを抑えておきたい。

割高から割安な株へと乗り換えたり、現金比率を高めたり、今からできることはさまざまあります。

次項では、リスクを抑えるために今からできることをまとめます。

アメリカ株価予想③
FRBも過熱感を警鐘、今からできること

アメリカ株価予想、3つ目のポイントは「中央銀行ですら過熱感を警鐘しているから、今からリスク対策をしておこう!」という点です:

“金融緩和の影響で「なんでも高い」相場です。弾けたときに備えてできることはたくさんあります。お金を貯める。株を売って現金を増やす。損切りラインを決める。割安株や財務健全株へ乗り換える。できることをやっておきたい🤔"

投資のパフォーマンスの大半は「資産配分」で決まります。

株を多く持っていれば暴落で損をするし、少なければ損を抑えられます。

過熱気味な相場でリスクを抑えたいなら、株式の比率を下げるのが一番てっとり早いと思います。

その次にできるのが銘柄の選定です。

割高な株や債務の多い株は、下落相場で大きく下がる傾向があります。

いまPERやPBRが高い株や、自己資本比率が低い株を持っている場合は、なるべく割安な株や、財務が健全な株へと乗り換えるのが良さそうです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

アメリカ株価予想【5/10版】
◯主要指数は上昇トレンド、基本はホールド
◯米個人投資家はやや強気、引き続き警戒
◯FRBも過熱感を警鐘、今からできること

米国の確定申告期限がズレた影響で、「セルインメイも1カ月ズレるのでは?」という説が囁かれています。

だから、アメリカ株は5月いっぱいはしぶとく下がらないかもしれません。

普段はおべっかばかりのFRBすら「市場は過熱気味」と言い始めました。

とはいえ、「下がらない=安全」というワケではありません。株価は過熱気味でリスクが高いですから、今のうちに守りを固めておきましょう。

ちなみに僕も、コツコツお金を貯金したり、現金比率を高めたり、銘柄を入れ替えたり、リスクを抑えるために必死です。

たぶん、リスクを抑えてもけっこう損するでしょう。ですが、何もしないでもっと損をするよりは良いと思います…。

– 中原良太