スポンサーリンク

資産1億円の作り方:資産運用で必要な利回りは?

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

先日、こんなツイートをしました:

“個人投資家の大敵の1つは「ムダな焦り」だと思います。僕の年齢なら「定年までに10億円欲しい!」という野望ですら、年率15〜20%、月々の積立も10万円で手が届きます。ヘタにリターンを高めようとしてギャンブルするより、「どうすれば確実に目標を達成できるか」を考えるほうが生産的な気がします😅"

つねづね思うのですが、個人投資家の多くは「成果を求めすぎ」だと思います。

そして、成果を求めすぎて自滅していると思います(汗)

本記事では上のツイートを深掘りして、「資産1億円の作り方:資産運用で必要な利回りは?」というテーマでまとめます。

資産1億円の作り方:
資産運用で必要な利回りは?

冒頭のツイートに引き続き、以下のようにツイートしました:

“「年率15〜20%はカンタン」ということではないです。35年もこの成績を達成するのは神業です。ここで言いたいのは、「年単位では小さいパフォーマンスに見えても、長い目で見れば大きな目標に十分届く」ということ。だからこそ最大速度を求める「焦り」はムダだと思うんです。ゆっくりで良いじゃない😊"

資産1億円を確実に作りたいなら、以下の4点さえ意識しておけば十分だと思います。

・「早く」お金を貯め始める
・お金を「長く」貯め続ける
・「早く」優れた投資を始める
・優れた投資を「長く」続ける

大事なことは「早く始める」ことと「長く続ける」ことの2つです。

お金を貯めるには、お金が貯まる仕組みが欠かせません。

同様に、優れた投資には、技術の習得が欠かせません。(トレーニングを始めるなら、早ければ早いほうが良いと思います)

ちなみに、シミュレーション上では、資産1億円を作るには、35年間、月々9万円の積み立てを、年率5%の資産運用(株式投資の平均的な利回り)に回せば達成できます。

きちんと働き、節制し、貯金していれば、多くの方が目指せる水準だと思います。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

資産1億円の作り方:資産運用で必要な利回りは?
◯十分な時間、積み立て額があれば、年率5%でOK
◯「早く始める」ことと「長く続ける」ことが何より大事

キーワードは「早く」と「長く」です。

ちなみに、僕が投資の勉強を始めたのは大学1年生の頃でした。12年経ったいま、年齢の割にはお金に余裕があると感じています。

この2つを同時に満たすには「いま」から始めて、「いま」を辛抱強くねばるのが一番です。さっそく、取り組んでみては?😁

– 中原良太