スポンサーリンク

1000万円から始める低リスクな資産運用

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

先日、こんなツイートをしました:

“【1000万円から始める低リスクな資産運用】
①節税:iDeCo、NISA、生命保険など
②パッシブ:コストの低い投資信託を選ぶ
③積み立て:一定ペースで積み立て投資を行う
個人投資家の二大リスクは「自分の判断ミス」と「コスト」です。だから、この2つが最も抑えられるようなプランを立てたいところ🤔"

貯金が1000万円を超えると、こんどは「守る」ことにも目を向ける必要が出てきます。

たとえば、政府が目標にしている「物価を年2%上げる」ことを基準に考えてみましょう。

物価が年2%上がるということは、「現金の価値が年2%ずつ薄れていく」こととも言えます。

1000万円の貯金があるとすれば、毎年20万円ずつ。1カ月あたり2万円ずつ失っていくということです。

これ、バカにできない損失ですよね。

だから、1000万円くらいになったら、資産の運用も目に入れておきたい。かといって、リスクはあまり取りたくない…。

そこで本記事では、上のツイートを深掘りして、「1000万円から始める低リスクな資産運用」というテーマでまとめます。

1000万円から始める低リスクな資産運用
ポイントその1:節税

1000万円から始める低リスクな資産運用、ポイント1つ目は「節税によるコストの圧縮」です:

“まず押さえたいのが節税。税金はコストです。カットできるものはカットしたい。幸い、日本には節税制度がたくさんあります。「なんだか分からないから使わない」というのは勿体ない。僕はそれで3年以上をムダにしました😵。時間をかけてでも勉強しましょう😀"

「節税はお金持ちのやること」という偏見を持つ方は多いと思います。

ですが、僕は逆だと思います。お金持ちでお金に余裕があるなら、節税の優先度は低いです。

たしかに、お金持ちの節税は金額的には大きいでしょう。ですが、彼らは節税などしなくてもお金に余裕があります。

一方、僕らの場合は、「節税すれば生活がぐっとラクになる」はずです。変化が大きいのは、お金持ちよりも僕らのほうだと思います。

1000万円から始める低リスクな資産運用
ポイントその2:パッシブ

1000万円から始める低リスクな資産運用、ポイント2つ目は「パッシブ運用によるコストの圧縮」です:

“つぎに押さえたいのがパッシブ運用。大半の個人投資家は、そんなに銘柄選びが上手くありません。だから、コストの安い投資信託に任せるのが無難です。さいきんは100万円でも、1年あたり手数料1000円前後の投信もあります。手数料が安いほど有利です😀"

大半の個人投資家…市場参加者の9割以上は、賢い判断をしてお金を儲ける以上に、ケアレスミスなどで損をしています。

これはプロも同じで、プロの大半もミスで負けています。

こんな状況ですから、大体の方にとっては「平均点で満足する」パッシブ運用が最適解です。

僕自身、節税枠などではTOPIXに連動する低コストな投資信託に投資しています。

1000万円から始める低リスクな資産運用
ポイントその3:積み立て

1000万円から始める低リスクな資産運用、ポイント3つ目は「積み立て運用によるタイミングリスクの分散」です:

“つぎに押さえたいのが積み立て運用。大半の投資家は、取引のタイミングが上手くありません。だから、なるべく時間を分散してリスクを押さえたい。積み立て投資で無難なのは「バリュー平均法」や「年金方式」だと思います☺️"

ちなみに、年金方式の積み立てというのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が採用している方法です。

彼らは、運用をするときに「株式と債券の比率」が一定になるように運用しています。プロの投資家にもよく使われている手法です。

個人投資家の間では「ドルコスト平均法」が一般的ですが、より手堅く運用したい方は、バリュー平均法や年金方式のほうがおすすめです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【1000万円から始める低リスクな資産運用】
①節税:iDeCo、NISA、生命保険など
②パッシブ:コストの低い投資信託を選ぶ
③積み立て:一定ペースで積み立て投資を行う

ちなみに、本記事では「低リスク」と書きましたが、これは「値動きがゆるやか」という意味ではありません。

ここでは「コストが安く、ミスが少ない」という意味で「低リスク」と書きました。

これは僕の口癖なのですが、「安全と安定は別物」です。値動きが激しくても安全なものは安全ですし、値動きが緩やかでも危険なものは危険です。

良い例がインフレですね。インフレは緩やかですが、真綿で首を締めるように、じわじわと僕らの資産を奪っていきます。

そういう意味でも、本当の安全を手に入れるためには、多少の不安定は受け入れるべきだと思うんですよねー…。

– 中原良太