スポンサーリンク

PERは高い方がいい?これから上がる株銘柄の共通点とは

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

先日、こんなツイートをしました:

“【PERは高い方がいい?上がる株の共通点】
◯財務基盤が健全である(=自己資本比率が高い)
◯資本効率が非常に高い(=ROEが高い)@kabumap 様のバックテストで分析。高PER株は当たると大きいですが、ハズレもたくさん混ざっています。あたりは、財務が健全かつ効率が良い銘柄に多いです🤔"

以前に、ご紹介したmy株のバックテスト機能を使ってみました。

今回は上のツイートを深掘りして「PERは高い方がいい?これから上がる株の共通点とは」というテーマでまとめます。

PERは高い方がいい?
これから上がる株銘柄を検証

上述した条件で、2014年1月〜2021年2月までバックテストしました:

“上記の条件(時価総額1000億円以上、予想PER25倍以上、自己資本比率50%以上、予想ROE15%以上)で、2014年1月〜2021年2月までバックテストしました。すると、だいたい7年で資産が3.4倍くらいまで増えました。未来も過去と同じように動くとするなら、美味しそうです。それでも高PERは怖いですが😂"

2008年のリーマンショック以降、世界的な低金利時代がはじまりました。

こんな状況もあってか、「PERが高くても良い会社なら買い!」という風潮が強まっています。

低金利がこのまま続くようなら、たぶんこの投資法は有効であり続ける気がします。

PERは高い方がいい説
これから上がる株銘柄?注目10選

ちなみに、2021年3月8日時点で、めぼしい高PER株は10銘柄ありました:

“2021年3月8日時点で、めぼしい高PER株は10銘柄ありました。エムスリー(2413)、モノタロウ(3064)、野村総研(4307)、中外薬(4519)、日本オラクル(4716)、アドテスト(6857)、レーザーテク(6920)、HOYA(7741)、東エレク(8035)、ユニチャーム(8113)など。去年、爆上げしたやつが多い😅"

ちなみに、該当する銘柄は40銘柄ほどありました。すべてを紹介するには多過ぎたので、「時価総額1兆円以上」に絞っています。

該当した銘柄の中には、2020年に爆上げした銘柄が多く混じっていました。

2020年は新型コロナの影響で超大規模な金融緩和がありました。その影響が大きかった気がします。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

PERは高い方がいい?これから上がる株の共通点とは
おすすめのスクリーニング条件
◯時価総額が「1000億円以上」
◯今期予想ROEが「15%以上」
◯自己資本比率が「50%以上」
◯今期予想PERが「25倍以上」
ピックアップ銘柄(2021年3月8日時点):
◯エムスリー(2413)
◯モノタロウ(3064)
◯野村総研(4307)
◯中外薬(4519)
◯日本オラクル(4716)
◯アドテスト(6857)
◯レーザーテク(6920)
◯HOYA(7741)
◯東エレク(8035)
◯ユニチャーム(8113)

ちなみに、「過去の成績が良かった」からといって、僕は高PERの株を長期で買うことはありません。

というのも、やはりPERが高い株はリスクが高いと思うからです。いまみたいに金利が上がっているときは特に脆い気がします。

仮に買うとしても、「小資金で」「1〜2カ月の短期で」「損切りラインを決めたうえ」という、リスクをかなり限定してだけですね😖

– 中原良太