スポンサーリンク

一歩だけ先を行こう

どうも、中原良太です。

2/24、日本株は全面安となりました:

相場が下がっているのに、奇跡的にほぼノーダメージでした。

先週まで稼ぎ頭だった指数が急失速し、個別株がフツーに儲かるようになりました。

海外投資家による買いが一服したということなんですかね?

なんにせよ、大きめの調整があってもおかしくないです。僕としては、NISAで株を買う準備を着々と進めております…。

【これまでの資産変動】
2/17終値→2/24終値:▲33万円(一部、反映遅れあり)
2021年:+210万円
2020年:+36万円
2019年:+433万円
2018年:+68万円

鵜呑みにしないほうがいい情報

先日、こんなツイートをしました:

中計を発表する会社の株が、一時的に動意づくことがよくあります。

でも、中計って、「素人にとって見栄えは良いけど、中身がない」こともけっこう多いんですよね。

中計を見て、「この会社には将来性がある!」なんて考えると損するかもです。気をつけましょう。

一歩だけ先を行こう

先日、こんなツイートをしました:

株で損をするのでよくあるのが「情報を先取りしたつもりが、実は情報に振り回されるだけで自滅する」というヤツ。

特に、爆上げした仕手株を買って、高値づかみしてしまうのは初心者あるあるですね。

一方、慎重な人は「先取りしすぎて逆に儲からない」こともよくありますね。

ほどよくバランスを取るのが大事だと思いますねー。

– 中原良太