スポンサーリンク

目指せ配当金生活!おすすめ高配当株7選

2021年2月17日

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

先日、こんなツイートをしました:

“【目指せ配当金生活!おすすめ高配当株7選】
@kabumap 様のバックテストを使って発掘。情報通信業の高配当株は株価が上がりやすく狙い目みたい。検索条件は以下のとおり:

◯業種が「情報・通信業」
◯時価総額が「1000億円以上」
◯今期予想配当利回りが「3%以上」
◯半年(26週)ごとに入れ替え"

以前に、ご紹介したmy株のバックテスト機能を使ってみました。

今回は上のツイートを深掘りして「目指せ配当金生活!おすすめ高配当株7選」というテーマでまとめます。

目指せ配当金生活!おすすめ高配当株
過去のパフォーマンスを検証してみた

上述した条件で、2014年1月〜2021年2月までバックテストしました:

“上記の条件で、2014年1月〜2021年2月までバックテストしました。すると、だいたい7年で資産が2.5倍くらいまで増えました。税引・手数料抜きで、年率13%くらいのリターン。コストを差し引いても年率10%くらい。未来も過去と同じように動くとするなら、けっこう美味しい投資法だと思います。"

情報通信業と言えば、「成長産業」のど真ん中です。

高配当株を買うときには、「成長産業で放置されている銘柄」を狙うと良いのかもですね。

目指せ配当金生活!おすすめ高配当株
いまが買い時?7銘柄をピックアップ

ちなみに、2021年2月15日時点で、条件に当てはまる高配当株は7銘柄ありました:

“ちなみに、2021年2月15日時点で、条件に当てはまる高配当株は7銘柄ありました。ティーガイア(3738)、兼松エレク(8096)、スカパー(9412)、NTT(9432)、KDDI(9433)、SB(9434)、沖縄セルラー(9436)あたり。高配当株のパフォーマンスが良いのは、情報通信業はサブスクビジネスだからかも?🤔"

抽出された結果を見ていて感じたのは、「携帯関係」と「有料メディア」ばかりだったこと。

こういうビジネスはサブスクリプション(継続課金)なので、業績が安定しやすいのかもですね。

業績が安定している会社の高配当株は「買い」ということなんだと思いました。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

目指せ配当金生活!おすすめ高配当株7選
おすすめのスクリーニング条件:
◯業種が「情報・通信業」
◯時価総額が「1000億円以上」
◯今期予想配当利回りが「3%以上」
ピックアップ銘柄(2021年2月15日時点):
◯ティーガイア(3738)
◯兼松エレク(8096)
◯スカパー(9412)
◯NTT(9432)
◯KDDI(9433)
◯SB(9434)
◯沖縄セルラー(9436)

ちなみに、沖縄セルラーについては、先日「優待も素敵だ!」という記事を書きました。

高配当株は「収入が増えて嬉しい!」のが利点。ただ、万年割安株を買うとビミョーです。なるべく「株価が上がりそうだし、配当ももらえる」という、一挙両得を目指せる株を狙いたいところです。

– 中原良太