スポンサーリンク

これから買いの株?おすすめ株主優待株①

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

先日、こんなツイートをしました:

“【これから買いの株?おすすめ株主優待株①】
サンドラッグ(9989)に注目しています。同社は東京西部が地盤のドラッグストア大手。10年で売上を50%以上も伸ばしたすごい会社。僕はチキンで、いつも「これから景気が悪くなるのでは?」と心配してますが、ドラッグストアはディフェンシブで安心。"

先日、メルマガの満足度調査をしました。すると、「銘柄についてもっと話をして欲しい!」という要望を沢山いただきました。

だから、今回はおすすめ銘柄をピックアップします。

ただ、法律の制約上、「僕の持ち株」の話や、「株価が動いちゃいそうな小型株」の話はできません。

たぶんですが、僕の持ち株を公開すると、その銘柄の株価が爆上げします。株価操縦を疑われてしまいそうなので、話せません。

また、小型株の話をしても、たぶん株価が爆上げします。僕は「自分や読者を仕手筋にしたくない」と考えてます。

だから、持ち株や小型株のピックアップも控えます。あらかじめご了承くださいm(_ _)m

その代わり「僕の持っていない大型株」の話ならできます。

本記事では上のツイートを深掘りして「これから買いの株?おすすめ株主優待株」というテーマでまとめます。

今買いたい株?おすすめ株主優待株
ポイント1:過去の業績

今買いたい株だと思うおすすめ株主優待株サンドラッグ(9989)、1つ目のポイントは「過去の業績が良好」な点です:

“同社の過去10年の業績はこんな感じ。一貫した右肩上がり。売上と同じくらいのペースで利益も伸びてます。規模が大きくなってきたので成長ペースは鈍化してますが、「右肩上がりは続くだろうな」と読みます。大儲けは狙えないと思うけど、手堅いビジネスだと思う。"

2020年は「食品スーパー」とか「ホームセンター」の株が盛り上がりました。

個人的に、この2つに付け加えたいのが「ドラッグストア」です。手堅さも成長性も、食品スーパーやホームセンターに引けを取りません。

「そういや、最近ドラッグストアが増えた気がする」と感じるのは僕だけじゃないはず。

今買いたい株?おすすめ株主優待株
ポイント2:いまの株価水準

今買いたい株だと思うおすすめ株主優待株サンドラッグ(9989)、2つ目のポイントは「いまの株価水準が悪くない」な点です:

“同社の過去3年間のPBRチャートはこんな感じ。2018年に株価が大きく下がり、割安感が出てきました。予想PERは過去3年で平均的な水準。「激安!最高の買い場!」という感じじゃないですが、長い目で見れば割安水準だと感じます。値上がりと優待を両取りできそう😊"

2020年の株式市場では食品スーパーやホームセンターが盛り上がりましたが、ドラッグストアは「鳴かず飛ばず」でした。

つまり、「まだ注目されていなくて美味しそうに見える」ということ。僕はこういう地味なセクターが大好きです😊

今買いたい株?おすすめ株主優待株
ポイント3:株主優待の中身

今買いたい株だと思うおすすめ株主優待株サンドラッグ(9989)、3つ目のポイントは「株主優待の中身も使いやすい」点です:

“同社の株主優待は「ヘアケアセット」と「お米券」です。僕はヘアケアに興味は無いのですが、おこめは大好きなので嬉しい内容。おこめ券みたいな金券は使い勝手が良くて人気ですね。同社はビジネスが手堅く業績も堅調なので、優待改悪のリスクも低そうですね。"

優待で嬉しいのは「おこめ」とか「金券」ですね。

ただ、この手の「会社のビジネスと関係ない株主優待」は、改悪されることも多いので注意が必要です。

同社の場合は業績が堅調なので、優待が改悪されるリスクは低いと考えます。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

これから買いの株?おすすめ株主優待株①
サンドラッグ(9989)に注目しています。
同社は東京西部が地盤のドラッグストア大手。
10年で売上を50%以上も伸ばしたすごい会社。

ちなみに、同社の権利確定は「3月末」です。

経験則的には、株主優待銘柄は、「権利確定の1〜3カ月前」に買うと有利です。

逆に、権利確定の直前は「高値づかみ」しやすいので気をつけましょう。

– 中原良太