スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:復活?【2/3版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では2/3以降の日経平均の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

“日経平均チャート見通しと予想【2/3版】
◯主要指数は軒並み高、続伸に期待
◯暴落のリスクは本当に去った?
日本株は2日連続で上昇。いちおう主要指数は5日線を回復しました。短期では買い戻しても良さそう。とはいえ、暴落のリスクは本当に去ったのでしょうか?(続)"

日本株が2日連続で反発しました。

「そろそろ株を買い戻しても良いかも?」「いやいや、また反落しそうだろ!」などなど、人それぞれ判断が分かれる地合いだと思います。

僕自身としては、どちらの言い分も分かる。だから、「両方に備えて手を打つ」のが良いと考えます。

本記事では上のツイートについて深掘りして、日本株の今後の見通しについて僕の見解をまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数が軒並み高、続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、1つ目のポイントは「主要指数が軒並み高で、続伸が期待できそうだぞ!」という点です:

“日本株は上がりはじめると続伸しやすく、下がり始めると続落しやすい。日経平均、TOPIX、日経JASDAQ平均、マザーズ指数はすべて5日線超え。上昇トレンド。続伸に期待。経験則的には買い信号。ただし、アメリカ株がふたたび下落するリスクも。引き続き注意。"

日本株は上昇トレンド復活。

アメリカ株がまだ底打った感がしないので、あくまで「短期決戦で、勝算のある個別株だけを買う」のが良さそうです。

足元でできることとしては、「足元で決算が好調な株を急騰狙いで買う」か、「先週の相場下落で連れ安し、今週まだ出遅れている割安株を買う」かの2つが良さそう。

僕自身は、水曜日に出遅れている株をすこしだけ買う予定です。

日経平均チャート見通しと予想②
暴落のリスクは本当に去った?

日経平均チャート見通しと予想、2つ目のポイントは「暴落のリスクは去ってないと思うから、引き続き気をつけたほうが良いと思うぞ!」という点です:

“個人的には、2/1〜2の反発で「暴落のリスクが去ったか?」の訊かれると、「短期的にはそうだろうけど、中期的にはビミョーだ」と感じます。指数はトレンドを回復したので短期では買い、ただアメリカ株の過熱感は拭えないので「もう一波乱ありそう」という感じ。"

アメリカ株の予想記事で書きましたが、先週末の相場下落の原因は「アメリカ株が過熱気味だから」だと考えています。

当のアメリカ株は今週に入り反発していますが、この根っこのところが解消されていません。

だから、「一難去ったように見えるけど、もう一波乱あるかも」と警戒しておいたほうが良さそうです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【2/3版】
◯主要指数は軒並み高、続伸に期待
◯暴落のリスクは本当に去った?

乱暴にまとめると「株価が上がっている今は良いけど、まだいつ下がってもおかしくないから、すこしビビりながら取引しよう!」って感じですね。

ちなみに僕は、短期トレードは再開します。

次の下落がいつ来るかは分かりません。しかし、いつ来るか分からない下落に備えて「何もしない」というのも勿体ない。

だから、僕としては「いつでも損切りできる短期トレードで時間をつなぐ」「また相場が暴落したら、そのときには安く長期銘柄を買う」という対応でいきます。

– 中原良太