スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:暴落【1/29版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では1/29以降の日経平均の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

“日経平均チャート見通しと予想【1/29版】
◯主要指数は軒並み安、続落に警戒
◯日米株安、いつが買い時か考えてみた
1/29、米国株の大幅安を受け、日本株も全面安となりました。上昇トレンドも一服か。暴落すればNISAなど長期投資で株を買うチャンス。買い時を考えます。"

1/28、日本株は全面安となりました。

過熱気味だった米国株が急落したことで、日本株も道連れにされているようです。

突然の下落で「損した!」「これからどうしよう!」と悩む方も多いでしょう。

そこで以降では上のツイートを深掘りしつつ、目先の日本株の見通しを僕なりに考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は全面安、続落に警戒

日経平均チャート見通しと予想、1つ目のポイントは「主要指数が全面安しており、続落に警戒したほうが良さそうだぞ!」という点です:

“日本株は上がりはじめると続伸しやすく、下がり始めると続落しやすい。1/28の全面安で、日経平均、TOPIX、日経JASDAQ平均、マザーズ指数の終値はすべて5日線割れに。下落トレンド。続落に警戒。勝算のない銘柄は撤退したほうが良いでしょう。NISAの買い時は(続)"

これだけ相場が弱いと、基本はどんな銘柄も下がります。よほど強力な勝算がある銘柄を除いて、売り逃げするのが鉄板です。

強力な勝算の例としては「めちゃくちゃ割安」とか「めちゃくちゃ好決算」とかですね。

ファンダメンタル的な裏付けがない銘柄は、真っ先に売られる恐れがあります。勝算の無い銘柄からは手をひくのが無難でしょうね。

日経平均チャート見通しと予想②
いつが買い時か?

日経平均チャート見通しと予想、2つ目のポイントは「NISAで株を買うつもりのヒトは、まだ買うには早いと思うぞ!」という点です:

“経験則的には、「落ちているナイフを掴み」にいくときは「TOPIXの5日線乖離率が−5%以下」くらいで買うとうまくいきやすい。落ちているナイフを掴むのが怖い場合は、「TOPIXの5日線乖離率が−2.5%以下」かつ「陽線」が出たあたりが狙い目です。"

先にも触れたとおり、「日本株は上がりはじめると続伸しやすく、下がり始めると続落しやすい。」です。

だから、「底」とか「天井」をドンピシャで当てるのは難しく、基本は「長いものに巻かれる」とうまくいきやすいです。

それでも底を当てたい場合は、経験則的にはTOPIXの5日線乖離率が−5%以下になったあたりが狙い目だと思います。

一方、「底は当てられなくて良いから、そこそこの精度が欲しい」という場合は、5日線乖離率が−2.5%以下で、陽線が出て反発しはじめた当たりが狙い目です。

ちなみに、「そんなに下がらなかったらどうする?」かも気になるでしょうが、その場合は、「NISAはしばらく休ませておく」のが無難だと思います。

すぐ反発するようなら短期トレードを再開、下がり続けるようなら短期トレードを停止して、長期投資で株を買うタイミングをじっくり待つ…という感じでしょうかね。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【1/29版】
◯主要指数は軒並み安、続落に警戒
◯日米株安、いつが買い時か考えてみた

乱暴にまとめると、「主要指数が下がり始めたから続落に警戒しよう!長期投資はチャンスかもだから、慎重に買い時を見極めよう!」という感じ。(買い時の目安は先に触れたとおりです)

1/28みたいな相場下落では、だいたいどんな銘柄も下がります。こういう下落が長引けば、優良株を安く買えるようになるのでチャンスです。

僕自身、週末のうちに手持ちの短期銘柄はあらかた売ってしまう予定です。

経験則的には「週末に暴落→週明けにも続落→火曜日が逆張りで株を買うチャンスに!」という動きになるケースがよくあります。

目先、近い買い場としては、来週の火曜日あたりになるかもですね。

– 中原良太