スポンサーリンク

日経平均チャート見通しと予想:爆上げ【1/8版】

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では1/8以降の日経平均の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

“日経平均チャート見通しと予想【1/8版】
◯主要指数は上昇トレンド、続伸に期待
◯アメリカで「ねじれ議会」回避、影響は?
1/7に日本株は全面高。これは米国で「トリプルブルー(大統領、上下院の多数派が民主党)」が実現する見通しが手がかりみたい。ただ経験則的には…"

アメリカのジョージア州の上院決選投票で、大統領、上院、下院の多数派を民主党が占める「トリプルブルー」が実現する見通しです。

これが買い手がかり(?)になって米国株は大幅高。ダウ平均は史上最高値を更新しました。

日本株も米国株に釣られて爆上げでした。

一方、正直なところ、僕には今回の株価上昇の理屈がよく分かりませんでした。(さいきん、指数が浮かれ過ぎているように見えます。)

今回の相場上昇は「一時的なダマシかな?」と感じる面もあるので、浮かれすぎないほうがいい気がします。

以降では上のツイートを深掘りして、これからの日本株の見通しについて僕なりに考えていきます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数が軒並み高、続伸に期待

日経平均チャート見通しと予想、1つ目のポイントは「主要指数が軒並み高で、続伸が期待できそうだぞ!」という点です:

“日本株は上がりはじめると続伸しやすく、下がり始めると続落しやすい。日経平均、TOPIX、日経JASDAQ平均、マザーズ指数はすべて5日線超え。上昇トレンド。続伸に期待。経験則的には買い信号。ただし、年明けの時期はトレンドが崩れたら暴落リスクも。要注意。"

先にも触れたとおり、「トリプルブルーで株価が上がる」というのは少し違和感を覚えました。

感覚ベースでは、「たぶん今の相場上昇はダマシで、近いうちに反落するだろうな」という気がしています。

とはいえ、経験則的には「相場が上がっているときは便乗して買うのが有利」なのも事実。

以上2点を踏まえて、ざっくり「長期で買うのはビミョーだけど短期ならアリ」くらいに考えています。

小さな利ざやを狙って、おそるおそる株を買ってみるのもアリだと考えます。

ただし、前年に大きく上がった翌年明けは「トレンドが崩れたら一気に下がる」ことがよくあるので警戒です。

浮かれ気分の投資家が株を大量購入した後、暴落…ということがよくあるので、市況には気をつけたほうがよいと思います。

経験則的には「指数の終値が5日線を割れて」からが危ないケースが多め。特に新興株や小型株ほど注意です。

いま株を買うにしても、いつでも損切りできるよう「短期決戦」で仕掛けるほうが良いと考えます。

日経平均チャート見通しと予想②
トリプルブルーで株価は上がるのか?

日経平均チャート見通しと予想、2つ目のポイントは「トリプルブルーで株価は上がるのか?」という点です:

“米上院、民主が多数派で「トリプルブルー」の見通し。足もとでは米国株が大きく上がっています。ただ、経験則的に「トリプルブルー」が買い信号かと訊かれるとビミョー。共和党議会、民主党議会が占めているときより、ねじれ議会のが成績良いんですよね。"

上のツイートについて補足します。

過去には「トリプルブルー」でたしかに株価が上がりました。

ただ、「民主党大統領+共和党議会」という組み合わせのときのほうが株価が強かったです。

「トリプルブルーが有利」という感じではなく、優劣がはっきりせずビミョーなんです。

これは買い材料というには強引な気がします。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

日経平均チャート見通しと予想【1/8版】
◯主要指数は上昇トレンド、続伸に期待
◯アメリカで「ねじれ議会」回避、影響は?

乱暴にまとめると「長期で買うのはビミョーだけど、市場が上がっているうちは短期決戦で仕掛けるならアリ!」という感じです。

個人的には金利の上昇が怖いところです。

足もとで相場が上がっていますが、金利もジワジワ上がっています。これが止まらなければ株式にとって売り信号。

金利は「重力」みたいなものです。金利が上がると重力が強まり、株価を下へと引きつけます。

この力は成長株ほど強力で、過熱気味な株ほど暴落リスクが高まります。

もろもろ踏まえると、いまは出遅れバリュー株あたり。トリプルブルーを加味するのであれば、バイデン政権を追い風にできそうな銘柄が狙い目な気がします。

– 中原良太