スポンサーリンク

増収した成長株ほど株価は上がった!という経験則の話

どうも、中原良太です。

地味な小型株の長期投資が得意で、月5万円くらいの配当金を受け取っています。

先日、こんなツイートをしました:

“【業績と株価の関係】
①前期+今期増収の大型株は指数の2倍近く上がったぞ!
②前期増収でも今期減収の大型株は指数並みだったぞ!
③減収減収の大型株は指数に大きく負けたぞ!
※集計対象:時価総額1000億円以上
※集計期間:2004年1月〜2019年12月
※リバランス:1年(52週)に1回"

追記:集計期間が2004年〜2019年となっていますが、正しくは2014年〜2019年でした。ご指摘ありがとうございました。

成長株を買うときは、「なんとなく増収してる会社の株を買えば儲かりそう」な気がします。ですが、「本当に増収してる株を買えば儲かったのか?」を、実際にデータ取って調べてくれてるヒトがすくない気がします。

そこで本記事では上のツイートを深掘りして、「増収した成長株ほど株価は上がった!という経験則の話」というテーマで、売上をチェックするときのポイントまとめます。

増収した成長株ほど株価が上がった①
前期+今期増収は買い信号

増収した成長株ほど株価が上がった!という話、1つ目のポイントは「前期+今期増収は買い信号」という点です:

“足元の売上が伸びていて、かつ売上の見通しも明るい会社は、「まだまだ成長余地が残されている」と期待できます。仮にPERが平凡〜やや高めでも、業績が伸びれば十分に取り返せると期待できます。株価はPER以上に業績に連動するものです。"

足元で売上を伸ばして実績があり、かつ増収の見通しの成長株は買い信号です。

売上が伸びている成長株は、ほどほどのPERの株を買うだけでも、順当に売上が伸びれば「将来的には割安になる」と期待できます。

PERを見る時の目安としては、PERが20倍以下くらいなら全然買ってOK。

オンボロな会社を低PERで買うより、順風満帆な成長株をほどほどのPERで買ったほうがうまくいきやすいと思います。

増収した成長株ほど株価が上がった②
前期増収+今期減収は黄色信号

増収した成長株ほど株価が上がった!という話、2つ目のポイントは「前期増収+今期減収は黄色信号」という点です:

“足元で売上が伸びてても見通しがビミョーな場合は、株価の伸びもパッとしません。売上が伸び悩む会社は成熟企業です。こういう会社はさらなる成長を目指すよりも、ガンガン配当を出してしまうのが合理的。配当利回りが高い株なら買ってもOK。"

足元で売上が伸びていても、見通しが暗い場合は要注意。

こういう会社は成長余地が限られていたり、これからガタガタッと業績が崩れる恐れがあります。

株を買っても指数並みのパフォーマンス。大して儲からないケースが多いので、避けるのが無難です。

増収した成長株ほど株価が上がった③
前期減収は売り信号

増収した成長株ほど株価が上がった!という話、3つ目のポイントは「前期減収は売り信号」という点です:

“見通しが何であれ、足元で売上が伸び悩んでいる株は伸び悩みがち。「今日は儲からなかったけど、明日はきっと儲かるさ!」なんて会社は、ちと楽観過ぎるように見えます。投資家も賢いですから、この手のリップサービスはうまく避けるみたいですね。"

実績が乏しいのに見通しが明るい場合、それは売り信号であることが多いです。

株価が上がりにくい理由としては、「大言壮語で明るい見通しを発表しても、達成できずに株価が下がってしまう」ケースが多いのかも。

同じく、見通しが暗くても株価は伸び悩みがち。これは言わずもがな、「業績が悪くなってるけど株を買いたい!」というヒトは少ないでしょうからね。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

追記:集計期間が2004年〜2019年となっていますが、正しくは2014年〜2019年でした。ご指摘ありがとうございました。

ざっくりまとめると、「増収した成長株ほど株価が上がったぞ!」「減収の実績や気配がある会社は株価が伸び悩んだぞ!」と言えるでしょう。

ちなみに、日本株には「売上至上主義」があるっぽいです。

こないだ、日本経済新聞が、「1980年代から2010年代までの40年間、上がる株はだいたい売上が伸びてた!」なんて記事も出してました。

僕自身、娘のジュニアNISAでは、グイグイ売上を伸ばしているディフェンシブ株を購入済み。いまから5年後が楽しみです^^@

– 中原良太