スポンサーリンク

安定と安全は別物

どうも、中原良太です。

指数が失速してきました:

11月後半から、運用成績が絶好調です。嬉しい。

年内にプラス転換できると良いのだけど。さすがに難しそうだなぁ。無理せず、平常運転で行きます〜。

【これまでの資産変動】
11/11終値→11/18終値:+32万円(反映遅れあり)
2020年:▲44万円(11月18日時点、反映遅れあり)
2019年:+433万円
2018年:+68万円

ステルスインフレが怖過ぎる件

先日、こんなツイートをしました:

インフレとは、いわば「現金の価値が薄れる」ということです。

僕らの持っている現金は、日々、価値が薄れています。なぜなら、政府がジャバジャバ現金を刷っているからです。

通貨の供給量が増えれば、現金の価値が薄れるのは当然のこと。2013年以降は黒田バズーカの金融緩和で現金ばらばきが続いています。

つまり、「現金は安全」というのは幻想。安定しているように見えるだけ。しかし、安定と安全は別物です。

安定と安全は別物

先日、こんなツイートをしました:

ちなみに、「安定かつ安全なもの」なんて世の中にはほぼ存在しないと思います。

また、「不安定かつ危険なもの」としては「高過ぎるレバレッジ」や「勝算のない賭けに参加すること」あたりが考えられます。

これらは、いつか必ず破滅します。安定でも不安定でも、危険な領域には参加すべきじゃない。

娘が寝返りをマスター

先日、こんなツイートをしました:

パパは娘に怒られないために、含み損を減らす方法を日々、模索しております…。

– 中原良太