スポンサーリンク

年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点

どうも、中原良太です。

18歳の頃に株を始めて、12年ほどで準富裕層入りを果たしました。

先日、こんなツイートをしました:

“【年収上げたいなら避けるべき割りに合わない仕事の共通点】
①信頼が積み上がらない:感謝されない仕事はキツイ
②資産が積み上がらない:同じ場所でずっとグルグル
③部外者に迷惑をかける:楽しいのは内輪だけ
①は嫌な奴。②は思考放棄。③は迷惑。どれも割りに合わない。何が何でも避けたい。"

「年収を上げたいけど、やり方が分からない!」
「割に合わない仕事はやりたくない!」
「けど、割に合わない仕事が何かも分からない!」
という方のための記事です。

本記事では、「年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点」というテーマでまとめます。

年収上げたいなら避けるべき
割に合わない仕事①:信頼されない

年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点1つ目は「信頼が積み上がらない」です:

“信頼を損ない、信頼を築けない仕事は、自転車操業になりやすい。たとえば、質の低い商品を売らざるを得ない、対価の割にボッタクリ…みたいな仕事は、遅かれ早かれ憎まれます。人間関係がズタボロでは精神が持たない。これは割りに合わない。"

世の中には、お金は稼いでいないし貧乏だけど、「困ったときには助けたくなっちゃう人」がいるものです。

こういう人は、困ったときは周りが助けてくれます。助けてもらえるのは、「信頼されているから」に他なりません。

投資の神様バフェットは「会社のために働いた結果、損失を出すことには理解を示します。ただ、会社の評判を少しでも損ねたとしたら、私は決して容赦しません」と言いました。

信頼を失ってしまえば、たとえお金を乱暴に稼げても、稼いだお金以上のものを失います。

年収上げたいなら避けるべき
割に合わない仕事②:資産が増えない

年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点2つ目は「資産が積み上がらない」です:

“仕事の理想は資産の積み上げです。資産とは収入をもたらすもののこと。つまり、仕事では「やればやるほど資産が積み上がり収入が増える」ことを目指したい。「やってもやっても資産が積み上がらず収入が増えない」仕事は、仕組みが良くない。"

仕事は「やればやるほどラクになる」ように仕組むべきです。

「1度やれば2度目がカンタンになる」「2度やれば3度目がカンタンになる」ような仕事を優先したいです。

自転車操業のように「やってもやっても積み上がらない仕事」ではなく、「やればやるほど積み上がる仕事」に注力したい。

年収上げたいなら避けるべき
割に合わない仕事③:迷惑をかける

年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点3つ目は「部外者に迷惑をかける」です:

“信頼を得られて資産が積み上がる。こういう仕事を見つけるだけでも大変ですが、加えて「部外者も貢献できる」仕事が理想。ダメな例が環境を破壊する仕事。破壊する側の内部者は儲かっても、外部者はツケを支払います。こういう仕事は長続きしない。"

たとえば環境汚染をする会社とか。

会社は儲かる。お客も喜ぶ。でも、社会にとっては害悪。こういう働き方をすると、一時的に信頼や資産を得てもいずれ崩れます。

仕事を永続させるには、三方良しの働き方を目指すべきです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【年収上げたいなら避けるべき割に合わない仕事の共通点】
①信頼が積み上がらない:感謝されない仕事はキツイ
②資産が積み上がらない:同じ場所でずっとグルグル
③部外者に迷惑をかける:楽しいのは内輪だけ

裏を返すと、「信頼が積み上がる仕事」「資産が積み上がる仕事」「部外者に迷惑がかからない仕事」は、ぜひやりたい。

そんな仕事の中でも、自分がうんと得意な仕事があれば言うことなしですね。

– 中原良太