スポンサーリンク

[11/6] 世界同時株高。年末にバブル到来か?(日経平均チャート予想と見通し)

どうも、中原良太です。

25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。

本記事では11/6以降の日経平均の見通しと予想を僕なりにまとめます。今日お伝えする大事なポイントは以下の2つ:

“【日経平均チャート:見通しと予想(11/6版)】
◯主要指数はすべて上昇トレンド回復、買い戻し
◯年末相場へ一直線、買い時の銘柄はどこに?
大統領選挙前日から日本株はアゲアゲモードが続きます。この上昇は本物なのでしょうか?これから年末相場の経験則をまとめます。"

アメリカ大統領選挙を境に、世界同時株高が起きています。

日経平均株価はほぼ年初来高値の水準。マザーズ指数は1週間で7%近く上昇して大幅高となりました。

大きなイベントをこなしたことで「これからバブル到来か?」と考える方もいるようです。

そこで以降では、上のツイートを深掘りしつつ、年末相場の日本株の見通しと予想を、僕なりにまとめます。

日経平均チャート見通しと予想①
主要指数は上昇トレンド回復

日経平均チャート見通しと予想、1つ目のポイントは「主要指数は上昇トレンド回復」という点です:

“日経平均、TOPIX、JASDAQ平均、マザーズ指数、いずれも終値が5日線を回復しました。上昇トレンド回復です。そろそろ短期銘柄を買い戻してもいい頃合いです。僕は週末は様子見、もう一段上がれば、週明けにでも短期で出遅れ株を仕込む予定です。"

大統領選挙が明けてから日本株は全面高に。主要指数は軒並み上昇トレンドを回復しました。

日本株は「いちど上がり始めると、続伸しやすい」傾向があります。この傾向は、大型株よりも新興株のあいだで強力です。

足元では、特にマザーズ指数が猛スピードで上がっています。

決算発表が明けて上昇にはずみがついている株も出てきました。この上昇気流に便乗することで、利益を出しやすそうです。

ちなみに、僕は週末いっぱい様子見して、週明けあたりにエントリーする予定です。

日経平均チャート見通しと予想②
年末相場の傾向と、今年の対策

日経平均チャート見通しと予想、2つ目のポイントは「年末相場の傾向と、今年の対策」という点です:

“決算発表が明けてからは年末相場。年末は「冬のボーナス相場」でもあります。例年、年末は個人投資家が活発で新興株が賑わいがち。今年は新型コロナの影響でボーナスカットされた人も多そう。上がるとは思うものの、いつもよりは盛り上がりに欠けそう。"

ここ20年間くらい、年末は株価が上がりやすい傾向があります。

特に新興株は年末に株価が上がりやすいので注目です。

また、12月にはIPOのラッシュがあります。それにからんで、証券株も上がりやすい傾向があります。

冬のボーナスが少なく盛り上がるか心配です。とはいえ、ボーナスがゼロになるわけではないので、「まったく盛り上がらない」ということはないでしょう。

僕のバランス感としては、「例年どおり上がりやすい。けど、例年よりは盛り上がらない」ぐらいを想定しています。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均チャート予想と見通し(11/6版)】
◯主要指数はすべて上昇トレンド回復、買い戻し
◯年末相場へ一直線、買い時の銘柄はどこに?

相場が上がり始めました。短期銘柄を持っていない身としては、つい勇み足で株を買い過ぎてしまいそうです。

とはいえ、慌てて株を買っても危ないだけ。あくまで僕は経験則を信じ、週明けあたりからまったりスタートする予定です。

年末にかけては、成長株ブームに拍車がかかりそうです。

– 中原良太